ここからサイトの主なメニューです

今日の出来事

今週のトピックス

体験活動の必要性について広く理解・普及を図るため,体験活動推進特設ページを開設しました。

今週のトピックス 一覧

今日の出来事:新着一覧

10月19日(月曜日)

  • 教育

聴覚障害者の方のアテンドで、音のない世界で言葉の壁を超えた対話を楽しむ「ダイアログ・イン・サイレンス」。この取り組みを学校現場で子供たちが体験するプログラムが10月19日、調布市立飛田給小学校で行われ、萩生田大臣が見学に訪れました。

10月21日(水曜日)

  • 教育

10月21日、第1回となる教育再生実行会議 デジタル化タスクフォースを開催しました。

初回の今回は、文部科学省から教育のデジタル化に関する取組についての説明や構成員の皆様お一人ずつご意見をいただきました。

10月19日(月曜日)

  • 科学技術

10月19日、萩生田大臣がTOYOTA東京デザイン研究所(東京・八王子)を訪れ、トヨタ自動車(株)とJAXAが産学官協働で、様々な業界・企業の技術や知見を結集し、チームジャパンとして研究を進める、月面車両の試作機「有人与圧ローバー(愛称:ルナ・クルーザー)」の研究開発現場を視察しました。

10月14日(水曜日)

  • 科学技術

10月14日、萩生田大臣がアメリカ・ヒューストンにいる野口聡一宇宙飛行士とオンラインで対談しました。

10月14日(水曜日)

  • 科学技術

10月14日未明(日本時間)、国際宇宙会議(IAC)において、日・米・加・英・伊・豪・ルクセンブルグ・UAEの8カ国による署名式がオンライン形式で開催され、日本は萩生田大臣と井上宇宙政策担当大臣が参加しました。

10月8日(木曜日)

  • スポーツ

10月8日、萩生田大臣は、室伏スポーツ庁長官とともに、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の会場等視察のために来日中のセバスチャン・コー世界陸上連盟会長と会談しました。

10月7日(水曜日)

  • 教育

10月7日、萩生田大臣が日本とカナダの2つの卒業資格が得られるダブルディプロマコースを日本で初めて設置した文化学園大学杉並中学・高等学校を視察

9月29日(火曜日)、9月30日(水曜日)、10月1日(木曜日)

  • 教育・科学技術

萩生田大臣は、沖縄県を訪れ、水沢VLBI観測所VERA石垣島局、国立天文台石垣島天文台、石垣市立登野城小学校、国立沖縄工業高等専門学校、沖縄科学技術大学院大学、琉球大学医学部、琉球大学移転予定地(西普天間住宅地区跡地/旧キャンプ瑞慶覧)、沖縄ラフ&ピース専門学校、沖縄福祉保育専門学校を視察しました。

9月25日(金曜日)

  • 教育・科学技術・スポーツ・文化

「政府一体でデジタル化を強力に推進する」との総理指示や、新型コロナウイルス対策で明らかになった課題等を踏まえて、文部科学行政の各分野のデジタル化を進めるため、9月25日、文部科学省デジタル化推進本部を設置しました。

9月24日(木曜日)

  • スポーツ

9月24日、25日の2日間で東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催準備に関して話し合われる第10回IOC調整委員会(委員長:ジョン・コーツIOC委員)が開催され、会議に先立ち行われたオープニング会議にはIOCのバッハ会長、コーツ委員長などのIOC委員がリモートで参加され、萩生田大臣と鈴木スポーツ庁長官が森組織委員会会長、小池都知事、橋本大臣をはじめとする関係者の皆様とともに出席しました。

9月24日(木曜日)

  • 教育

9月24日、教育再生実行会議 初等中等教育WWG第2回が開催され、18名の有識者にご出席いただき、ニューノーマルにおける新たな学びやICTの本格導入のための指導体制・環境整備等について議論いただきました。

9月23日(水曜日)

  • 教育・科学技術・文化・スポーツ

萩生田光一大臣、高橋ひなこ副大臣、田野瀬太道副大臣、鰐淵洋子大臣政務官、三谷英弘大臣政務官の新体制で文部科学行政を進めていきます!

9月23日(水曜日)

  • 教育・科学技術・文化・スポーツ

9月23日、首相官邸で、デジタル改革関係閣僚会議の初会合が開かれ、萩生田大臣はじめ全閣僚が出席しました。

9月17日(木曜日)

  • その他

9月16日に発足した菅内閣において、萩生田大臣が文部科学大臣に再任しました。

17日、職員への就任あいさつを行い、職員を激励しました。

9月15日(火曜日)

  • 教育

9月15日、閣議後会見で萩生田大臣は、児童生徒等に対しわいせつ行為を行った教員への厳正な対応に関する新たな施策について発言しました。

9月15日(火曜日)

  • 教育

9月15日、萩生田大臣が、閣議後の会見で、全国の大学や高等専門学校における本年度後期の授業の実施形態等に関する調査について、結果がまとまったことを報告しました。

9月14日(月曜日)

  • 教育

9月14日、教育再生実行会議 高等教育ワーキング・グループ(WG)の第1回が開催され、鎌田座長、オブザーバー、WG委員、本体会議の有識者の皆様等、リモートも含めて24人に出席いただき、ポストコロナ/ウィズコロナを念頭に、対面と遠隔の双方の良さを組み合わせたハイブリッド型の教育など、ニューノーマルにおける大学の姿やその実現方策について議論いただきました。

9月10日(木曜日)

  • 教育・文化・科学技術

萩生田大臣が9月9、10日と京都を訪問し、9日に、文化庁移転先の旧京都府警本部本館、先行移転組織の文化庁地域文化創生本部、京都大学、六角堂、池坊会館を、10日に、京都先端科学大学を視察しました。

9月8日(火曜日)

  • 教育

9月8日、教育再生実行会議 初等中等教育ワーキング・グループ(初中WG)が開催され、教育再生実行会議の新たなテーマのうち、特に、少人数によるきめ細かな指導体制・環境整備を中心にご議論頂き方向性を確認、WGの成果文書を同日萩生田大臣が安倍総理に手交しました

9月5日(土曜日)

  • 教育

今回の会合は、①幼児教育、②教育の国際化、③コロナ禍で危機的状況下における教育の継続性を議題として、各国の状況や取組についてそれぞれ発表されました。

そして、各国が学びあい、教育システムを発展させられるよう、好事例や経験の共有などG20諸国が教育分野で連携していくことを確認し、「G20教育大臣宣言」が成果文書として採択されました。

9月3日(木曜日)

  • 教育

9月3日、萩生田大臣が、アルゼンチン共和国のニコラス・トロッタ教育大臣とテレビ会談し、学校における新型コロナウイルス感染症の影響や学校の再開状況等について意見交換しました。

9月1日(火曜日)

  • 教育

前回の第3回の推進本部で、働き方改革の推進の観点から教育委員会や学校現場から見直しの要望が大きい、①部活動、②授業(教科担任制の導入と標準事業時数の弾力化)、③教員免許更新制、④全国学力・学習状況調査、⑤学校向けの調査等の在り方の見直しについて萩生田大臣より具体的に検討を進めるよう指示があり、今回、その進捗状況について報告・議論を行いました。

8月31日(月曜日)

  • スポーツ

9月1日〜11月1日、日本オリンピックミュージアムで東京2020オリンピック聖火が展示されます。公開前日の8月31日、聖火展示セレモニーが開催され、萩生田大臣と鈴木スポーツ庁長官が、森大会組織委員会会長や山下日本オリンピック委員会会長、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣をはじめとする関係の皆様とともに出席しました。

8月28日(金曜日)

  • 教育・科学技術

8月28日、萩生田大臣は、閣議後の会見の冒頭、来月、スーパーコンピュータ「富岳(ふがく)」を使い、高校生などがプログラミングに挑戦するイベントを開催する予定であることを報告しました。

8月27日(木曜日)

  • 教育

8月27日、萩生田大臣が、八王子市立高尾山学園、学校給食センター元八王子、八王子市立いずみの森義務教育学校を視察しました。

8月25日(火曜日)

  • 教育

8月25日、第47回教育再生実行会議が首相官邸で開催され、安倍首相とともに萩生田大臣が出席しました。

前回議論をスタートした「ポストコロナ期における新たな学びの在り方」について、今後、専門家を交えた『初等中等教育ワーキング・グループ』『高等教育ワーキング・グループ』それぞれのワーキング・グループでの議論へと進めるため、今回、主な論点について議論しました。

8月22日(土曜日)

  • スポーツ

8月22日、小中学生が出場するセイコーゴールデングランプリ陸上2020東京 ライジングスター陸上が開催され、開始式に萩生田大臣が出席しました。

8月20日(木曜日)

  • 教育

8月20日、一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティが運営する「ダイアログ・イン・サイレンス」を萩生田大臣が体験・視察しました。

「想像力を育み、障害のある方への理解が深まるすごく良い体験。小学生など子供たちにも体験してもらいたい。」

8月10日(月曜日)

  • スポーツ

新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった高校野球甲子園大会の代替大会として、今年の春の選抜大会に出場が決まっていた32校が出場する「2020年甲子園高校野球交流試合」が8月10日甲子園で開幕しました。

第一試合に先立ち行われた開会式に萩生田大臣が出席しました。

8月9日(日曜日)

  • 科学技術

8月9日、萩生田大臣は、本年6月に史上初の4つの部門で世界ランキング1位に輝いたスーパーコンピュータ「富岳」を視察しました。

8月7日(金曜日)

  • 教育

8月7日、第4回となる「学校再開後の学校の状況に関する意見交換会」を開催し、全国都道府県教育委員会連合会 藤田会長、指定都市教育委員会協議会 鯉渕会長、中核市教育長会 岩元会長、全国都市教育長協議会 飯野会長、全国町村教育長会 二見会長にお越しいただき、学校の現状や課題等をお聞きしました。

8月6日(木曜日)

  • 教育・科学技術

8月6日、萩生田大臣は国士舘大学の楓の杜キャンパスを訪れ、公式戦にも対応できる新しいサッカーグランドを視察しました。また、将来的にこのエリアの中に障害者専用のトレーニング施設をつくり、障害者スポーツの普及・発展の拠点としたいとする構想や、キャンパスの施設を使った防災教育の構想等について理事長などから説明いただきました。

国立天文台では、先端技術センターや4S2Uドームシアターなどを視察し、望遠鏡搭載の観測機器の開発状況や、最新の観測データを用いたシミュレーションなどについて説明頂きました。

8月3日(月曜日)

  • 教育

8月3日、第3回となる学校再開後の学校の状況に関する意見交換会を開催しました。今回は、阿部 長野県知事(全国知事会 文教環境常任委員会委員長)、吉田 埼玉県本庄市長(全国市長会 社会文教委員会委員長)、坂口 徳島県那賀町長(全国町村会 行政委員長)とテレビ会議システムをつなぎ、リモートで開催しました。

7月30日(木曜日)

  • 教育

7月30日、第2回の学校再開後の学校の状況に関する意見交換会を開催し、全国連合小学校長会の喜名会長、全日本中学校長会の三田村会長、全国高等学校長協会の萩原会長、全国特別支援学校長会の市川会長、日本私立小学校連合会の重永会長と萩生田大臣が学校再開後の学校の状況について意見交換しました。

7月29日(水曜日)

  • 文化

7月29日、株式会社サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」に著作権広報大使に就任いただきました。

7月28日(火曜日)

  • 科学技術

7月28日、ITER計画の重要な工程である、実験炉の組立・据付開始を記念して、現地のITERサイト組立ホールで式典が開かれ、萩生田大臣がビデオメッセージで参加しました。

7月28日(火曜日)

  • 教育

7月28日、萩生田大臣と亀岡副大臣が、日本PTA全国協議会の北川会長と、全国高等学校PTA連合会の泉会長と、学校再開後の学校の状況に関する意見交換会を実施しました。

7月27日(月曜日)

  • スポーツ

7月27日、令和元年度スポーツ功労者顕彰式(プロスポーツ関係者)を開催しました。本式典は、プロスポーツ史上特に優れた成果を挙げた方や多年にわたりスポーツの向上発展に貢献した方を「スポーツ功労者」として文部科学大臣が顕彰するものです。

7月20日(月曜日)

  • 教育

7月20日、教育再生実行会議が総理官邸で開催され、現下の状況はもとより、今般のコロナ禍のような事態が再び生じた場合でも子供たちの学びを保障し得る環境の整備・構築が極めて重要であるとした上で、ポストコロナ期の「新たな日常」に応じた、新しい学びの在り方について議論を開始しました。

7月10日(金曜日)

  • スポーツ

新型コロナウイルス感染症の影響で中止となったインターハイの代替大会として「全国高等学校空手道 形インターネットグランプリ」が開催されました。優勝に輝いた熊谷拓也(くまがい たくや)さんと堀場早耶(ほりば はや)さんが文科省を訪問され、萩生田大臣から文部科学大臣杯が授与されました。

7月11日(土曜日)

  • 文化

7月11日、オープンを翌日に控えたウポポイの開業記念式典が執り行われ、萩生田大臣が菅官房長官など関係者とともに出席しました。

7月10日(金曜日)

  • 教育

7月10日、萩生田大臣は苫小牧工業高等専門学校を訪れ、コロナ禍での対策の概要等について関係者と意見交換するとともに、分散登校が始まった中での授業等を視察しました。

7月10日(金曜日)

  • 科学技術

7月10日、米国とテレビ会議システムでつなぎ、萩生田大臣とブライデンスタインNASA長官が「月探査協力に関する文部科学省と米航空宇宙局の共同宣言」に署名しました。

7月2日(木曜日)

  • 科学技術

7月2日、萩生田大臣は横須賀市にあるJAMSTECを訪れ、北極域研究の現状や展望について説明をいただくとともに、世界最大級の研究船である海洋地球研究船「みらい」や有人潜水調査船「しんかい6500」、自立型海中ロボット「AUV-NEXT」等を視察しました。また、気候変動や海洋プラスチックごみ問題など最前線の研究に携わる若手研究者との意見交換も行いました。

7月2日(木曜日)

  • 教育

7月2日、萩生田大臣が国立大学法人筑波大学附属久里浜特別支援学校、独立行政法人国立特別支援教育総合研究所を訪れました。

7月2日(木曜日)

  • 科学技術

7月2日、スーパーコンピュータ(スパコン)「富岳」の開発・運用をしている理化学研究所の松本理事長らが萩生田大臣を訪問され、6月22日に発表されたスパコンの国際ランキングの4部門で「富岳」が1位に輝いたことを報告されました。

6月30日(火曜日)

  • 教育

6月30日、萩生田大臣は千葉工業大学を訪れ、新型コロナウイルス感染症に関する学生支援や感染症対策の取組等を視察しました。

6月24日(水曜日)

  • 教育

6月24日、萩生田大臣が東久留米市立神宝小学校を訪問し、学校を再開した中での感染症対策の取組を視察するとともに、これまでの休業期間中の市教育委員会と学校の対応について説明いただきました。

6月10日(水曜日)

  • 文化

6月11日から21日まで国立新美術館で、『日本の自然と書の心「日本の書200人選〜東京2020大会の開催を記念して〜」』が開催されています。

本展覧会は日本博主催・共催プロジェクトであり、萩生田大臣が開催を前に会場を訪れ、館内における新型コロナウイルス感染症の感染防止対策の取組とともに、展示を視察しました。

6月9日(火曜日)

  • 文化

今国会に提出していた「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律案」が6月5日に成立いたしました。本法律改正の内容について、6月9日の閣議後会見の冒頭で萩生田大臣が発言しました。

5月19日(火曜日)

  • 教育・文化

5月19日、萩生田大臣が、アラブ首長国連邦(UAE)のアル・ハンマーディ教育大臣及びアル・カアビー文化知識開発大臣と、それぞれテレビ会談を行い、新型コロナウイルス感染症の影響による学校の臨時休業についての取組や両国の学生交流、また、新型コロナウイルス感染症による文化分野への長期的影響や支援の取組等に関して意見交換を行いました。

5月19日(火曜日)

  • 教育

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、アルバイト収入の激減などにより、困難に直面している学生の「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』を創設することが5月19日の閣議で決定し、萩生田大臣が同日の会見の冒頭で本件に関して発言いたしました。

5月13日(水曜日)

  • スポーツ

5月13日、萩生田大臣と鈴木スポーツ庁長官が、現在、新型コロナウイルス感染症対策の影響で、練習が制限されているトップアスリートの方々と意見交換を行いました。

4月24日(金曜日)

  • その他

4月24日、萩生田大臣が東京医科歯科大学付属病院、東京女子医科大学病院を訪問し、新型コロナウイルス感染症患者受入れの現状や課題等を伺いました。

4月24日(金曜日)

  • 教育

4月24日、東京都立産業技術高等専門学校品川キャンパスを萩生田大臣が訪れ、図書の貸し出しサービス等について視察しました。

4月23日(木曜日)

  • 教育

4月23日、萩生田大臣は、ICT教育システムのモデル校として日常の授業や校外学習などにおいて、LTE回線のタブレットを活用し学習活動や校務運営を進めていた笹塚中学校を訪れ、今回の学校の臨時休業期間において、どのようにICTを活用した取組が行われているかについて話を伺いました。

4月22日(水曜日)

  • 文化

4月22日、フランス、ドイツ、カナダ等主要国を含む130か国以上の文化担当大臣・副大臣等の出席のもと、第1回ユネスコ文化大臣会合がテレビ会議で開催され、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、自粛要請などにより停滞する文化芸術活動をどのように支援していくべきかについて議論が行われました。

4月22日(水曜日)

  • 教育

4月22日、萩生田大臣が、東京都立中野特別支援学校を訪問し、臨時休業中の子供の受入の様子を視察するとともに、先生方から受入にあたっての取組を伺い、今後の課題などを意見交換しました。

4月14日(火曜日)

  • 教育

4月14日、第5回となる「大学入試のあり方に関する検討会議」をWeb会議方式で開催し、萩生田大臣が出席しました。今回は、前回に引き続き有識者委員の方々から意見を発表いただき、議論を行いました。

4月14日(火曜日)

  • その他

文部科学省【子供の学び応援サイト】のLINE公式アカウントを開設しました。スマートフォン等からも手軽に、自宅等での学習に活用できる無償の教材や動画等を見ることができます。

4月3日(金曜日)

  • その他

安倍総理は、3月28日の記者会見において、新型コロナウイルスの有効な治療薬やワクチンの開発を世界の英知を結集して加速する旨を表明したところです。

4月3日、萩生田大臣が、その最前線の一つである東京大学医科学研究所を訪れ、研究開発の状況等を視察するとともに、山梨所長らと意見交換をしました。

4月1日(水曜日)

  • その他

4月1日、令和2年度文部科学省新規採用職員の入省式を執り行いました。

今年度は文部科学省には新たに68名が入省しました。

3月27日(金曜日)

  • 文化

3月27日、第4回首里城復元のための関係閣僚会議が開催され、萩生田大臣が出席し、火災で焼損した首里城正殿等の復元に向けた工程表が決定されました。

3月23日(月曜日)

  • 教育

3月23日(日本時間21時〜)、閣僚級が参加するユネスコ主催「新型コロナウイルス感染症の流行と教育に関する第1回特別会合」がテレビ会議で開催され、萩生田大臣が出席しました。

会合には、ユネスコのアズレー事務局長とジャンニーニ教育担当事務局長補、フランス・イタリア・イランなど11カ国の大臣らが出席し、休業中の学習者・教員・保護者に対する支援に関する各国の対応などが共有されました。

3月19日(木曜日)

  • 教育

3月19日、萩生田大臣が臨時休業中の千葉市立緑町小学校を視察し、千葉市長や教育長、校長先生などと意見交換しました。

3月13日(金曜日)

  • 教育

3月13日、東京都立永福学園の臨時休業中の児童生徒受入れの様子を萩生田大臣が視察しました。

3月12日(木曜日)

  • 文化

3月12日、首相官邸で第2回となる日本博総合推進会議が開催されました。

3月10日(火曜日)

  • その他

3月10日、「新型コロナウイルス感染症対策について」を協議事項とする国と地方の協議の場が開かれ萩生田大臣が出席しました。

3月9日(月曜日)

  • 教育

9日、萩生田大臣は、港区立御成門小学校を訪れ、校長先生や教育委員会の方などに区の取組や子供たちの様子、課題等をお聞きするとともに、学校での受け入れの様子を教室の外から視察させていただくなどしました。

3月2日(月曜日)

  • 科学技術

3月2日、ベルギー・ブリュッセルにおいて兒玉和夫欧州連合日本政府代表部特命全権大使とカドリ・シムソン欧州委員(エネルギー担当)は、「幅広いアプローチ(BA)活動の更なる共同による実施に関する日欧政府代表による共同宣言」に署名を行い、核融合エネルギーの研究開発を一層発展させていくことについて日欧政府間で合意しました。

2月27日(木曜日)

  • 科学技術

2月27日、ラファエロ・マリアーノ・グロッシーIAEA事務局長が萩生田大臣を表敬訪問され、原子力を取り巻く様々な課題について意見交換し、一層の連携強化を図っていくことを確認しました。

2月22日(土曜日)

  • 文化

10月31日の火災により焼損した首里城正殿などの跡地について、政府は防火対策の強化などの技術的事項も踏まえた工程の年度内目途での取りまとめを目指しています。

取りまとめを前に、2月22日、萩生田大臣が首里城跡を訪れ、平敷沖縄県教育長などにご説明いただきながら、正殿などの跡地の現状や地下遺構の保全状態、復元に向けた作業などを視察しました。

2月18日(火曜日)

  • 文化

文化庁をはじめ、政府、東京2020組織委員会、東京都では、2020東京大会を契機とした文化プログラムに関する取組を展開し、我が国の幅広く多様な文化の魅力を世界に向けて発信しています。その文化プログラムについて、多くの方に知っていただき、足を運んでいただくために「文化プログラム参加促進シンポジウム」を開催しました。

2月18日(火曜日)

  • その他

2月18日、全国から行政や民間団体、地域の家庭教育支援関係者が集う全国家庭教育支援研究協議会を開催し、会の冒頭、『令和元年度「家庭教育支援チーム」文部科学大臣表彰』の表彰式を執り行いました。

2月18日(火曜日)

  • その他

2月18日、新型コロナウイルス感染症対策本部(第11回)が開催され、萩生田大臣が出席しました。会議後、文科省から教育委員会や学校法人をはじめ関係部局に対して、発熱等の風邪の症状がみられるときは無理せずに自宅で休養するなど、学校における新型コロナウイルスに関連した感染症対策について事務連絡を発出しました。

2月17日(月曜日)

  • スポーツ

2月17日、第19回冬季デフリンピック競技大会の入賞者6名に対するデフリンピック競技大会入賞者等文部科学大臣表彰式を執り行いました。

2月14日(金曜日)

  • 教育

2月14日、一般社団法人日本教育情報化振興会等の業界団体が主催し、PC端末やCPU等部材、通信機材、電源キャビネット等供給事業者、OS事業者、リースや販売事業者、通信事業者、関係省庁等の関係者等が一同に集まり、意見交換会を実施しました。文科省からは萩生田大臣も参加し、互いの課題や要望等を出し合いました。

2月10日(月曜日)

  • その他

2月10日、エストニア共和国のユリ・ラタス首相と安倍総理大臣の首脳会談が首相官邸で行われ、萩生田大臣が出席しました。エストニアからはラタス首相はじめ、マイリス・レプス教育科学大臣、カイド・ホーヴェルソン・エストニア日本友好議員連盟会長(元大関・把瑠都凱斗)らが出席されました。

2月7日(金曜日)

  • 文化

2月7日、「文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律案」が閣議決定されました。

2月3日(月曜日)

  • 文化

2月3日、著作権法改正に関して自民党と公明党から申し入れ・提言をいただきました

1月30日(木曜日)

  • その他

1月30日、新型コロナウイルス感染症について、政府としての対策を総合的かつ強力に推進するため、安倍総理大臣を本部長とし、全ての閣僚が構成員となる新型コロナウイルス感染症対策本部が設置されました。同日正午から初会合が開かれ萩生田大臣が出席しました。

1月25日(土曜日)

  • 教育

1月25日(土)、いじめの問題に真剣に向き合えるリーダーを育て、全国各地の取組を更に後押しするため、「全国いじめ問題子供サミット」を開催しました。

1月22日(水曜日)

  • 教育

1月22日、教育再生首長会議の皆様が安倍総理を表敬訪問され、萩生田大臣が総理とともに出席しました

1月16日(木曜日)

  • 教育

1月16日、萩生田大臣が茨城県の「つくば市立みどりの学園義務教育学校」と「守谷市立守谷小学校」を訪れ、ICTを活用した授業や学校の働き方改革の取組を視察しました。

1月15日(水曜日)

  • 文化

「日本博」の認知度をさらに向上させ、事業への参加機運を醸成する為、この度、黒柳徹子さんに「日本博広報大使」に就任いただきました。

1月15日(水曜日)

  • 教育

今後の大学入試のあり方について、有識者や関係団体の皆様に改めてその方向性を御議論いただくため設置した「大学入試のあり方に関する検討会議(座長:三島良直 東京工業大学名誉教授・前学長)」の第1回を1月15日に開催しました。

1月14日(火曜日)

  • 教育

1月14日、令和元年度文部科学大臣優秀教職員表彰式を執り行いました。
表彰された教職員の皆様は825名(国立21名、公立779名、私立25名)、教職員組織は48組織(国立3組織、公立44組織、私立1組織)であり、代表者の皆様に萩生田大臣から表彰状が授与されました。

1月10日(金曜日)

  • 教育

1月10日、第3回日中韓教育大臣会合が中国・北京で開催され、萩生田大臣が出席しました。

1月9日(木曜日)

  • 教育

1月9日、萩生田大臣はシンガポール教育省を訪れ、オン・イェクン教育大臣や生涯学習の補助金制度などに取り組む国の組織「スキルズ・フューチャー」のオン・ツェチン所長と会談を行いました。

1月7日(火曜日)

  • その他

1月7日、萩生田大臣が職員に対して年頭の挨拶をしました。

今日の出来事 バックナンバー