トップアスリートと室伏スポーツ庁長官との特別対談

アスリート対談バナー

新型コロナウイルス感染症の拡大により、2020年はこれまでとは環境が大きく変わった1年になりました。その中において、トップアスリートたちは延期となった東京2020大会に向けた努力を重ね、社会に対して前向きなメッセージを発信してきました。

今般、東京2020大会での活躍が期待されるトップアスリートの言葉を通じて、競技やアスリート自身の魅力を再発見するとともに、現在の状況だからことスポーツがもたらす前向きな力を発見していくため、室伏スポーツ庁長官との対談を動画で公開します。

  

羽根田卓也選手(カヌー)

羽根田卓也選手(前編)

羽根田卓也選手(前編)

対談記事はこちら

<動画の目次>
・羽根田選手と室伏長官には、元々トレーニングで交流が…
・コロナ禍のトレーニング――室伏長官から学んだクリエイティビティ
・自粛期間中のトレーニング発信――支援してくれる方々にお返しする“義務”
・実際にやってみよう ~新聞紙エクササイズ~


羽根田卓也選手(後編)

羽根田卓也選手(後編)

対談記事はこちら

<動画の目次>
・新しいことに挑戦するデメリットは一つもない
・コロナ禍だからこそ、スポーツが社会に貢献できること
・羽根田選手が長官に聞きたいこと。長官としてアスリートに求めること。
・第一人者として、カヌー全体のレベルアップのために
・スポーツの魅力を伝えながら、一緒にこの状況を乗り越えていきたい
 

木村敬一選手(パラ競泳)

木村敬一選手(前編)

木村敬一選手前編

対談記事はこちら

<動画の目次>
・母親がスイミングスクールに入れてくれたのが、水泳との出会い
・「悲しかった」リオ大会から、東京大会に向けて
・呼吸しているだけでも、成長していると思える
・コロナ禍でのトレーニングの状況は――
  

木村敬一選手(後編)

木村敬一選手(後編)

対談記事はこちら

<動画の目次>
・競技を通して何かを発信する力を、自分たちアスリートは持っている。
・木村選手の考える、障害者スポーツのこれから
・海外の選手は、東京という街にすごく期待してくれている

<デポルターレ記事のみ>
・番外編! 動画に入りきらなかったこぼれ話 ~4度目のオリンピック、そこに至るまでの取組~

お問合せ先

スポーツ庁競技スポーツ課