オリンピック・パラリンピック競技大会の報奨金

オリンピック競技大会、パラリンピック競技大会のメダリストに対しては、日本オリンピック委員会(JOC)、日本障がい者スポーツ協会(JPSA)から、報奨金が支給されています。

【オリンピック競技大会】(JOCから支給)
 金:500万円 ※2016年リオ大会より、300万円から引上げ
 銀:200万円
 銅:100万円
【パラリンピック競技大会】(JPSAから支給)
 金:300万円
 銀:200万円
 銅:100万円
 
 また、これに加え、JOC及びJPSAの加盟競技団体からも、報奨金を支給している場合があります。 
 国としては、メダリストの栄誉を称える観点から、報奨金について所得税と住民税を非課税とするとともに、メダリストへの顕彰を行っています。

メダリストに対する報奨金の非課税措置について

お問合せ先

スポーツ庁競技スポーツ課

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(スポーツ庁競技スポーツ課)