ここからサイトの主なメニューです

資料4 科学技術をベースにした産業競争力の強化に向けて -第3期科学技術基本計画への期待-

科学技術・学術審議会
基本計画特別委員会 (第4回)
平成16年11月25日

目次

1.基本認識

2.目指すべき経済・社会の姿

3.第3期科学技術基本計画で望まれる政策

(1)目指すべき経済・社会の実現に向けた一貫した科学技術政策の推進
1.産業や国家の持続的発展の基盤となる重要技術の設定
2.重要技術に関する総合科学技術会議のリーダーシップの発揮
3.重点分野の再整理
(2)経済・社会への貢献に向けた日本型R&D体制の構築
1.知の創造を活力の創出につなげていく道筋や予算の仕組みの確立
2.大学における「先端技術融合型COE」の新設
3.国民への成果の還元の観点からの民間活力の活用
4.政策目標達成への公的研究機関の役割発揮
(3)研究開発投資の増額と効率的・効果的な政策の推進
1.研究開発投資の増額
2.総合科学技術会議の予算配分権限の発揮
3.透明性の確保と評価結果の予算への反映
4.事務処理のさらなる簡素化・合理化
(4)大学・産業界連携による世界に通用する人材の育成
1.世界に通用する人材の育成
2.経済や社会にとって役立つ創造的人材の育成
3.重要分野における人材育成策の推進
(5)グローバルな視点に基づいた施策の展開
1.戦略的国際協調における科学技術の活用
2.総合科学技術会議におけるベンチマーク(比較分析)機能の強化
3.国際的な知的財産権の確保、国際標準化との連携
(6)国際的に評価される知の創造の推進
1.技術の種を生み出す知の創造と説明責任の確保
2.若手研究者への資金配分と新領域への挑戦の重視

お問合せ先

科学技術・学術政策局計画官付

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局計画官付)

-- 登録:平成21年以前 --