ここからサイトの主なメニューです

特別支援教育について

参考資料 17 小・中学校におけるLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症等の児童生徒への教育支援体制の整備のためのガイドライン(試案)の概要について

小・中学校におけるLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症等の児童生徒への教育支援体制の整備のためのガイドライン(試案)の概要について

1 策定の背景及び趣旨

 平成15年3月の「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」において、「小・中学校においてLD、ADHD、高機能自閉症の児童生徒への教育的支援を行うための総合的な体制を早急に確立することが必要」と提言された。
 また、平成14年12月24日に閣議決定された「障害者基本計画」に基づき決定された「重点施策実施5か年計画」においては、「小・中学校における学習障害(LD)、注意欠陥/多動性障害(ADHD)等の児童生徒への教育支援を行う体制を整備するためのガイドラインを平成16年度までに策定する」ことが提示された。
 これらを受け、平成15年8月から本ガイドラインの策定に着手し検討を進め、平成16年1月30日に試案としてとりまとめ公表した。
 本ガイドライン(試案)は、各教育委員会や学校等において、小・中学校におけるLD、ADHD、高機能自閉症の児童生徒への教育的支援を行うための総合的な体制を整備する際に活用されることを目的として作成したものである。

2 内容構成

以下の5部で構成。

  • 第1部 概論(導入)
  • 第2部 教育行政担当者用(都道府県・市町村教育委員会等)
  • 第3部 学校用(小・中学校)
    • 校長用
    • 特別支援教育コーディネーター用
    • 教員用
  • 第4部 専門家用
    • 巡回相談員用
    • 専門家チーム用
  • 第5部 保護者・本人用
    • 保護者用
    • 本人用

 なお、内容については、各教育委員会や学校での活用の成果や課題等を検証しつつ、必要に応じて改善を加えていく予定であり、このため、試案という形で公表することとした。

3 本ガイドライン(試案)の配付

 各都道府県・市町村教育委員会、各小・中学校、各盲・聾・養護学校、特殊教育センター、厚生労働省関係部局、各都道府県福祉・医療部局等へ配付するとともに、文部科学省のホームページへ掲載したところである。

-- 登録:平成21年以前 --