ここからサイトの主なメニューです

特別支援教育について

特別支援教育についてお知らせします。

「特別支援教育」とは、障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち、幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うものです。 平成19年4月から、「特別支援教育」が学校教育法に位置づけられ、すべての学校において、障害のある幼児児童生徒の支援をさらに充実していくこととなりました。

新着情報

概要

障害者差別解消法の実施に関する調査研究協力者会議

平成25年に成立した「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(以下「障害者差別解消法」という。)において、主務大臣は、所管する事業者が適切に対応するための対応指針の策定を義務付けられております。
対応指針の策定に当たり、関係者の意見を適切に反映させるため、有識者による調査研究協力者会議を開催します。

 

パンフレット「特別支援教育」

パンフレット「特別支援教育支援員を活用するために」

 

(PDF:1,183KB)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成21年以前 --