ここからサイトの主なメニューです

平成24年度評価対象研究領域一覧

新学術領域研究(研究領域提案型) 中間評価(36研究領域)

 

研究領域名

領域代表者

所属 (機関・部局・職名)

中間評価結果

1

ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相: 学習能力の進化に基づく実証的研究

赤澤 威

高知工科大学・総合研究所・教授

A-

2

バルクナノメタル ―常識を覆す新しい構造材料の科学

辻 伸泰

京都大学・大学院工学研究科・教授

A

3

対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象

前野 悦輝

京都大学・大学院理学研究科・教授

A+

4

コンピューティクスによる物質デザイン: 複合相関と非平衡ダイナミクス

押山 淳

東京大学・大学院工学系研究科・教授

A

5

直截的物質変換をめざした分子活性化法の開発

茶谷 直人

大阪大学・大学院工学研究科・教授

A

6

気候系のhot spot: 熱帯と寒帯が近接するモンスーンアジアの大気海洋結合変動

中村 尚 

東京大学・先端科学技術研究センター・教授

A

7

融合マテリアル: 分子制御による材料創成と機能開拓

加藤 隆史 

東京大学・大学院工学系研究科・教授

 A+

8

生合成マシナリー: 生物活性物質構造多様性創出システムの解明と制御

及川 英秋 

北海道大学・大学院理学研究院・教授

A

9

電磁メタマテリアル

萩行 正憲 

大阪大学・レーザーエネルギー学研究センター・教授

A-

10

シナプス・ニューロサーキットパソロジーの創成

岡澤 均

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・教授

A

11

動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成

宮田 卓樹 

名古屋大学・大学院医学系研究科・教授

A

12

がん微小環境ネットワークの統合的研究

 宮園 浩平

東京大学・大学院医学系研究科・教授

A-

13

細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング

 松田 道行

京都大学・大学院生命科学研究科・教授

A

14

感染・炎症が加速する発がんスパイラルとその遮断に向けた制がんベクトル変換

畠山 昌則 

東京大学・大学院医学系研究科・教授

A

15

メゾスコピック神経回路から探る脳の情報処理基盤

能瀬 聡直 

東京大学・大学院新領域創成科学研究科・教授

A-

16

生命応答を制御する脂質マシナリー

横溝 岳彦

順天堂大学・大学院医学研究科・教授

A

17

翻訳後修飾によるシグナル伝達制御の分子基盤と疾患発症におけるその破綻

井上 純一郎

東京大学・医科学研究所・教授

A

18

多方向かつ段階的に進行する細胞分化における運命決定メカニズムの解明

北村 俊雄

東京大学・医科学研究所・教授

A-

19

大地環境変動に対する植物の生存・成長突破力の分子的統合解析

馬 建鋒

岡山大学・資源植物科学研究所・教授

A

20

植物の環境感覚: 刺激受容から細胞応答まで

長谷 あきら

京都大学・大学院理学研究科・教授

A

21

細胞シグナリング複合体によるシグナル検知・伝達・応答の構造的基礎

箱嶋 敏雄

奈良先端科学技術大学院大学・バイオサイエンス研究科・教授

A+

22

血管-神経ワイヤリングにおける相互依存性の成立機構

高橋 淑子

京都大学・大学院理学研究科・教授

A+

23

神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築

山森 哲雄

基礎生物学研究所・脳生物学研究部門・教授

A

24

3次元構造を再構築する再生原理の解明

阿形 清和

京都大学・大学院理学研究科・教授

A

25

ゲノムアダプテーションのシステム的理解

篠原 彰

大阪大学・蛋白質研究所・教授

A

26

食欲と脂肪蓄積の制御と破綻の分子基盤の解明

寒川 賢治

国立循環器病研究センター・研究所・研究所長

A-

27

ミクロからマクロへ階層を超える秩序形成のロジック

武田 洋幸

東京大学・大学院理学系研究科・教授

A+

28

複合適応形質進化の遺伝子基盤解明

長谷部 光泰

基礎生物学研究所・生物進化研究部門・教授

A

29

パーソナルゲノム情報に基づく脳疾患メカニズムの解明

辻 省次

東京大学・医学部附属病院・教授

A

30

癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築

赤司 浩一

九州大学・大学院医学研究院・教授

A

31

ゲノム複製・修復・転写のカップリングと普遍的なクロマチン構造変換機構

花岡 文雄

学習院大学・理学部・教授

A-

32

性差構築の分子基盤

諸橋 憲一郎

九州大学・大学院医学研究院・教授

A-

33

先端技術を駆使したHLA多型・進化・疾病に関する統合的研究

笹月 健彦

九州大学・高等研究院・特別主幹教授

A

34

システム的統合理解に基づくがんの先端的診断、治療、予防法の開発

宮野 悟

東京大学・医科学研究所・教授

A+

35

質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究

小松 英彦

生理学研究所・生体情報研究系・教授

A

36

統合的多階層生体機能学領域の確立とその応用

倉智 嘉久

大阪大学・大学院医学系研究科・教授

A

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

-- 登録:平成24年12月 --