(3)知的障害教育

知的障害とは

 知的障害とは、知的機能の発達に明らかな遅れと、適応行動の困難性を伴う状態が、発達期に起こるものをいいます。
 ここで示されている適応行動の困難性とは、他人との意思の交換、日常生活や社会生活、安全、仕事、余暇利用などについて、その年齢段階に標準的に要求されるまでには至っていないことを表しています。
 なお、知的障害の状態は不変ということではなく、教育的対応を含む環境条件を整備することなどによって変わり得る場合があります。

特別支援学校

知的障害に応じた教育的対応 

 知的障害のある児童生徒には、学習によって得た知識や技能が断片的になりやすく、実際の生活の場面の中で生かすことが難しい傾向がみられます。
 そこで、特別支援学校(知的障害)では、実際の生活場面に即しながら、繰り返して学習することにより、必要な知識や技能等を身に付けられるようにする継続的、段階的な指導を行っています。
 特別支援学校(知的障害)には、小学部、中学部、高等部等が設けられています。高等部には、普通科のほかに職業教育を主とする学科が設けられていることもあります。また、幼稚部を設けている学校もあります。
 特別支援学校(知的障害)では、児童生徒の障害の状態などを考慮して、小学部における生活科をはじめとして、小学校等とは異なる各教科等を設定し、指導を進めています。 

障害の程度

 一 知的発達の遅滞があり、他人との意思疎通が困難で日常生活を営むのに頻繁に援助を必要とする程度のもの
 二 知的発達の遅滞の程度が前号に掲げる程度に達しないもののうち、社会生活への適応が著しく困難なもの

(学校教育法施行令第22条の3)

教育課程

 特別支援学校学習指導要領の規定によります。

 
 

特別支援学級

知的障害に応じた教育的対応 

 特別支援学級は小学校又は中学校の学級の一つですが、対象となる児童生徒の障害の程度等によって、特別の教育課程によることができることになっています。
 各学校では、特別支援学校学習指導要領に示された自立活動を取り入れる、各教科の目標や内容を下学年の強化の目標や内容に替える、各教科を前述した特別支援学校(知的障害)の各教科に替えるなどして、児童生徒の実態に応じた指導を行っています。

障害の程度

 知的発達の遅滞があり、他人との意思疎通に軽度の困難があり日常生活を営むのに一部援助が必要で、社会生活への適応が困難である程度のもの

(平成25年10月4日付け25文科初第756号初等中等教育局長通知)

教育課程

 特別支援学級は、小学校又は中学校の学級の一つであることから、それぞれ小学校学習指導要領又は中学校学習指導要領の規定によります。前述しました特別の教育課程についても、それぞれの学習指導要領に規定しています。

参考資料

障害のある子供の教育支援の手引~子供たち一人一人の教育的ニーズを踏まえた学びの充実に向けて~

特別支援学校学習指導要領