ここからサイトの主なメニューです

特別支援教育について

13.卒業者の進路

卒業者の進路状況(平成30年3月卒業者)

特別支援学校中学部及び中学校特別支援学級卒業後の状況(国・公・私立計)

区分

卒業者(人)

進学者(人)

教育訓練機関等入学者(人)

就職者(人)

社会福祉施設等入所・通所者(人)

その他(人)

中学部

10,491

10,322
(98.4%)

21
(0.2%)

 4
(0.04%)

62
(0.6%)

82
(0.8%)

視覚障害

177

174
(98.3%)


(―)


(―)

1
(0.6%)

2
(1.1%)

聴覚障害

402

400
(99.5%)


(―)


(―)


(―)

2 

(0.5%)

知的障害

7,881

7,780
(98.7%)

14
(0.18%)

3
(0.04%)

29
(0.4%)

55
(0.7%)

肢体不自由

1,698

1,657
(97.6%)

2
(0.1%)


(―)

2
(1.4%)

15
(0.9%)

病弱・身体虚弱

333

311
(93.4%)

5
(1.5%)

1
(0.3%)

8
(2.4%)

8
(2.4%)

中学校特別支援学級

22,132

20,927
(94.6%)

429
(1.9%)

153
(0.7%)

623
(2.8%)

出典:「学校基本統計」(文部科学省)
※進学者は、高等学校、中等教育学校後期課程及び特別支援学校高等部の本科・別科、高等専門学校へ進学した者の計。
※教育訓練機関等は、専修学校(高等課程)進学者、専修学校(一般課程)等入学者及び公共職業能力開発施設等入学者の計。
※社会福祉施設等入所・通所者は、児童福祉施設、障害者支援施設等及び医療機関の計。
※その他は、家事手伝いをしている者、外国の学校に入学した者、進路が未定であることが明らかな者及び不詳・死亡の者等の計。
 なお、中学校特別支援学級卒業者のその他は、社会福祉施設等入所・通所者を含む。
※上段は人数、下段は卒業者に対する割合。四捨五入のため、各区分の比率の計は必ずしも100%にならない。
※中学校は義務教育学校後期課程を含める。中等教育学校の特別支援学級はない。

特別支援学校高等部(本科)卒業後の状況(国・公・私立計)

区分

卒業者(人)

進学者(人)

教育訓練機関等入学者(人)

就職者(人)

社会福祉施設等入所・通所者(人)

その他(人)

21,657

427
(2.0%)

342
(1.6%)

6,760
(31.2%)

13,241
(61.1%)

887
(4.1%)

視覚障害

290

90
(31.0%)

10
(3.4%)

47
(16.2%)

125
(43.1%)

18
(6.2%)

聴覚障害

492

193
(39.2%)

20
(4.1%)

192
(39.0%)

68
(13.8%)

19
(3.9%)

知的障害

18,668

76
(0.4%)

241
(1.3%)

6,338
(34.0%)

11,267
(60.4%)

746
(4.0%)

肢体不自由

1,841

43
(2.3%)

47
(2.6%)

111
(6.0%)

1,575
(85.6%)

65
(3.5%)

病弱・身体虚弱

366

25
(6.8%)

24
(6.6%)

72
(19.7%)

206
(56.3%)

39
(10.7%)

出典:「学校基本統計」(文部科学省)
※進学者は、大学(学部)、短期大学(本科)、大学・短期大学の通信教育部及び放送大学(全科履修生)、大学・短期大学(別科)、
 高等学校(専攻科)及び特別支援学校高等部(専攻科)へ進学した者の計。
※教育訓練機関等は、専修学校(専門課程)進学者、専修学校(一般課程)等入学者及び公共職業能力開発施設等入学者の計。
※社会福祉施設等入所・通所者は、児童福祉施設、障害者支援施設等及び医療機関の計。
※その他は、家事手伝いをしている者、外国の学校に入学した者、進路が未定であることが明らかな者及び不詳・死亡の者等の計。
※上段は人数、下段は卒業者に対する割合。四捨五入のため、各区分の比率の計は必ずしも100%にならない。

お問合せ先

初等中等教育局特別支援教育課

(初等中等教育局特別支援教育課)

-- 登録:平成21年以前 --