ここからサイトの主なメニューです

特別支援教育について

特別支援教育に関するNPO等の活動・連携に関する実践研究

1.趣旨

 発達障害を含む障害のある子どもの教育については、社会の変化や医学・科学技術の進歩等に応じ、その適切な対応の在り方について継続的に検討を行う必要がある。また、障害のある児童生徒の障害の状態は様々であり、学校における指導及び支援とも連携しつつ、家庭や地域における支援を含めた多面的な支援体制を構築することが重要である。
 そこで、障害のある児童生徒への教育支援活動を行うNPO等民間団体を対象に、発達障害児への学習支援等、特に課題とされている分野等に関する研究を委託し、その研究成果を普及する。

2.実施内容及び実施方法等

(1)実施内容

 次のような取組が望ましい。

  1. 地域における幼児児童生徒に対する自立的な生活や就労のための支援、発達障害児へ の学習支援等、特に課題とされている分野での先導的な取組に関する実践研究
  2. 団体間の協同、互助を推進するための効果的な連携の在り方に関する実践研究
  3. (他のNPO等との連携による)支援が届きにくい場所(へき地等)に対する支援活動の在り方に関する実践研究
  4. 当該年度に一定の研究成果を得たNPO等については、次年度以降、地域の特別支援教育の実情に応じた実践研究を進め、その成果を、当該地域を含め広く障害や病気のある幼児児童生徒への支援に役立てるため、教育委員会、教育センター、学校、NPO、民間団体等と連携を図りつつ事業を進めることを検討する。

(2)委員会等の設置

 委託団体等は、様々な分野の知見を研究に活かすため、「調査研究委員会」を組織し、実施計画の進行に伴い生じた検討課題や疑義等に対する指導助言を行うものとする。

3.委託期間

 本事業の委託期間は、委託を受けた日から当該年度3月末日とする。

お問合せ先

初等中等教育局特別支援教育課

(初等中等教育局特別支援教育課)

-- 登録:平成24年11月 --