スポーツによる地域・経済の活性化

「スポーツ・文化・観光」の連携による取組

各地域において,スポーツ,文化,観光を結びつけることにより,新たな地域ブランドや日本ブランドが生まれる可能性があります。それらを活用して,2020年東京大会以降も訪日観光客の獲得や国内観光の活性化を図るため,平成28年3月7日に,スポーツ庁は,文化庁及び観光庁と包括的連結協定を締結しました。本協定の下,両庁と連携して取組を進めています。

【連携・協力の観点】
・スポーツ・文化・ワールド・フォーラムの開催
・2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等の開催や文化プログラムの推進
・文化・スポーツ資源の融合による観光地域の魅力向上
・訪日外国人旅行者を地域へ呼び込むための受入環境整備やプロモーションの推進
・各庁が実施するイベント等や保有するデータに関する情報の相互共有

協定署名式の概要はこちら

三庁連携シンボルマーク

スポーツ文化ツーリズムアワード

「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」について
~「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」 大賞・長官賞決定~
「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム2017」

お問合せ先

スポーツ庁参事官(地域振興担当)付 

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(スポーツ庁参事官(地域振興担当)付)

-- 登録:平成28年06月 --