スポーツによる地域・経済の活性化

スポーツの成長産業化に対する支援

欧米諸国においては,既にスポーツビジネスが巨大な産業になっている一方,我が国においては,これまでスポーツ政策を主に教育政策の一環として捉えてきた影響もあってか,十分なスポーツ産業振興を行ってきたとは言いがたく,諸外国に遅れをとっているとの指摘もあります。
設立以降,スポーツ庁はスポーツを産業としても捉え,国民の消費が「モノ」から「コト」に移行している時代背景や,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等,大規模国際大会の開催を機に,スポーツ関連消費・投資マインドの向上が予想されるこの機会を最大限に活用し,スポーツを成長産業化すべく様々な取組を行っています。
具体的には,地域の交流拠点化を目指すスタジアム・アリーナ改革やスポーツ産業の持続的発展に不可欠なスポーツ経営人材の育成・活用,テクノロジー業界やヘルスケア産業をはじめとした他産業とスポーツの融合を促進するスポーツオープンイノベーションプラットフォーム(SOIP)の構築を推進しています。
これらの取組を通じ,全ての人がスポーツを楽しみ,生き生きと活躍出来る社会を実現します。

スタジアム・アリーナ改革

スポーツオープンイノベーションの推進

スポーツスキルとスペースのシェアリングエコノミー

スポーツ団体の経営力強化

スポーツ経営人材の育成・活用

お問合せ先

スポーツ庁参事官(民間スポーツ担当)

(スポーツ庁参事官(民間スポーツ担当))

-- 登録:平成31年04月 --