ここからサイトの主なメニューです

特別支援教育について

平成26年度通級による指導実施状況調査結果について(別紙2)

1.調査期日

平成26年5月1日

2.調査対象

公立の小学校・中学校及び中等教育学校の前期課程を対象として実施。

3.調査項目

(1)通級による指導を受けている児童生徒数
(2)指導時間別児童生徒数
(3)通級形態別児童生徒数
(4)担当教員数
(5)設置学校数
(6)障害種別,通級形態別児童生徒数

4.調査結果の概要

(1)通級による指導を受けている児童生徒数(調査結果(1)参照)

1.過去3年間で児童生徒数は17.1%(平成24年度71,519名、平成25年度77,882名、平成26年度83,750名)増加している。
2.昨年度に比べ各障害種で増加しており、言語障害で769名増、自閉症で1,032名増、情緒障害で779名増、学習障害(LD)で1,237名増、注意欠陥多動性障害(ADHD)で1,889名増となっている。

(2)指導時間別児童生徒数(調査結果(2)参照)

 全体では週1単位時間が 50.7%、週2単位時間が31.5%であり、この2つが全体の82.2%を占めている。

(3)通級形態別児童生徒数(調査結果(3)参照)

 障害種別により、自校通級と他校通級の児童生徒の割合は異なっており、学習障害(LD)、注意欠陥性多動性障害(ADHD)、肢体不自由及び病弱・身体虚弱の児童生徒では他の障害種と異なり、自校通級の方が多くなっている。

(4)担当教員数(調査結果(4)参照)

1.過去3年間で担当教員数は13.2%(平成24年度5,797名、平成25年度6,205名、平成26年度6,562名)増加している。
2.担当教員一人当たりの担当児童生徒数は、平均すると13名程度であり、数年横ばいの状況である。
3.複数障害種別を担当している教員の割合は,全体の約67.2%(平成25年度66.7%)であり、数年横ばいの状況である。

(5)設置学校数(調査結果(5)参照)

 過去3年間で設置学校数は約14.3%(平成24年度3,333校、平成25年度3,620校、平成26年度3,809校)増加している。平成26年度は公立小・中学校の12.4%の学校で通級による指導が行われている(平成25年度11.6%)。

(6)障害種別、通級形態別児童生徒数(調査結果(6)参照)

1.障害種別に割合を見ると、言語障害が41.0%、自閉症が15.9%、情緒障害が11.2%、学習障害(LD)が14.3%、注意欠陥多動性障害(ADHD)が14.6%、難聴とその他の障害が2.9%となっている。
2.通級形態別に割合を見ると、他校通級が47.5%、自校通級が46.3%、巡回指導 が6.2%となっている。平成25年度と比べ、他校通級が1.9%減少している。

調査結果

お問合せ先

初等中等教育局特別支援教育課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(初等中等教育局特別支援教育課)

-- 登録:平成27年03月 --