ここからサイトの主なメニューです

高等教育の国際的な動向

国際的な高等教育の質保証について

大学の海外分校の設置やeラーニング等を通じて,国境を越えた教育の提供など国際的な大学間の競争と協働が進展している中,高等教育の質保証に関する国際的な協議等が進められています。

国境を越えて提供される高等教育の質保証に関するガイドライン

平成17年,ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)及びOECD(経済協力開発機構)において,質の高い教育を提供する国際的な枠組みの構築や,学生等の保護のために各国の関係者が取り組むべき事項等が,ガイドラインとして策定されました。文部科学省では,今後,情報ネットワークの整備を図るなど,ユネスコ/OECDのガイドラインを踏まえた施策を実施していくこととしています。 

ユネスコ/OECD「国境を越えて提供される高等教育の質保証に関するガイドライン」

高等教育に関する情報ポータル

ユネスコ/OECD「国境を越えて提供される高等教育の質保証に関するガイドライン」を踏まえ,国際的なレベルで各国政府により認定された高等教育機関についての正確な情報へのアクセスの向上を図ることにより,学生の進学機関の決定を容易にするとともに,質の低い教育や真正な学位と紛らわしい呼称を供与する業者(いわゆる「ディグリー・ミル」)等から学生を保護することを目的に,ユネスコでは「高等教育機関に関する情報ポータル」(UNESCO Portal to Recognized Higher Education Institutions)を構築し,高等教育の質保証に関する国際的な情報ネットワークの整備を進めています。この事業の実施に当たっては,日本も積極的に貢献してきました。

ユネスコ「高等教育の資格の承認に関するアジア太平洋地域規約」(通称:東京規約)

この規約は,締約国間において高等教育の資格を相互に承認し,又は評定するための原則,基準及び権利義務関係を定めるとともに,高等教育機関等に関する情報の共有等について規定するものです。これにより,学生及び学者の移動を容易にし,アジア太平洋地域における高等教育の質を改善することを目的としています。2011年11月に東京で開催された国際会議において26か国の正参加国の全会一致で採択され,2018年2月1日に発効しました。
※ユネスコの下で1983年に採択された「アジア太平洋地域における高等教育の学業,卒業証書及び学位の承認に関する地域規約」を実質的に全文改正したもの。
※日本は2017年12月に4か国目の締約国として締結。

真正な学位と紛らわしい呼称

近年,正規の大学等として認められていないにも関わらず,学位授与を標榜(ひょうぼう)し,真正な学位と紛らわしい呼称を供与する業者(いわゆる「ディグリー・ミル」)の存在についての指摘がなされています。文部科学省では,これらの呼称等について我が国の大学における状況を把握するため,平成19年7月から9月にかけて実態調査を行い,12月に結果等を大学に通知しました。

外国大学等の日本校の指定

文部科学省では,外国の学校教育制度における教育機関の一部と位置づけられている外国大学日本校を,当該国大使館等を通じ,対象に該当することの確認を得て,「外国の大学,大学院又は短期大学の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置づけられた教育施設」(通称,外国大学日本校)として指定しています。指定を受けることにより,課程修了者への我が国の大学院等への入学資格付与,修得した単位について我が国の大学等との単位互換等が認められます。

我が国の大学の国際化の現状

近年,我が国の大学では,海外の大学等との交流協定の締結や,海外において留学生に対する情報提供や研究の実施を支援する拠点を設置する事例が多くなっているほか,自ら国際的な大学間ネットワークを立ち上げるなど,それぞれの大学の国際化戦略に基づいた積極的な取組を行う例が増えてきています。

高等教育の国際化に関する会議等

ACTS(ASEAN Credit Transfer System)と各国の単位互換に関する調査研究


OECD「高等教育における学習成果の評価(AHELO)」フィージビリティ・スタディの結果について

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課国際企画室

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(高等教育局高等教育企画課国際企画室)

-- 登録:平成21年以前 --