スポーツにおける暴力・ハラスメント等の根絶に向けた取組

 スポーツ庁では、全ての人々が健全なスポーツ活動に取組むことができる環境づくりや、スポーツを通じた健全な心身の成長に資する取組を推進しています。
 それらを阻害する要因である暴力やハラスメント等の行為は、断じて許されるものではなく、スポーツ庁は、スポーツに携わる各競技団体等と連携し、アスリートや指導者に対する教育・研修の強化、暴力やハラスメントに悩む人々に対する相談窓口等の整備、運動部活動の安全確保に向けた取り組み等、スポーツの価値を守るための取組を推進しています。
 

スポーツにおける暴力・ハラスメント等相談窓口

 各スポーツ団体等が、ホームページ等に掲載している相談窓口を一覧化しました。
 スポーツにおける暴力・ハラスメント等でお困りの方は、相談窓口一覧をご活用いただき、各相談窓口にお問い合わせください。

 <掲載団体一覧>
  ・独立行政法人日本スポーツ振興センター
  ・公益財団法人日本スポーツ協会
  ・公益財団法人日本オリンピック委員会
  ・公益財団法人日本障がい者スポーツ協会
  ・公益財団法人日本中学校体育連盟
  ・公益財団法人全国高等学校体育連盟
  ・一般社団法人大学スポーツ協会
  ・中央競技団体
  ・法務省
  ・文部科学省

お問合せ先

スポーツ庁参事官(民間スポーツ担当)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(スポーツ庁参事官(民間スポーツ担当))