ここからサイトの主なメニューです

学術情報基盤整備に関する対応方策等について(審議のまとめ)

平成20年12月
科学技術・学術審議会 学術分科会 研究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会

情報基盤センターの在り方及び学術情報ネットワークの今後の整備の在り方

1 我が国の学術研究を支える学術情報基盤の今後の整備について
(1)最先端学術情報基盤(CSI)の構築
(2)学術研究の高度化・多様化を背景とした学術情報基盤整備の必要性
(3)大学等におけるライフラインとしての学術情報基盤の戦略的な整備の必要性
(4)学術情報基盤整備における関係機関及び国の役割
2 情報基盤センターの在り方について
1.情報基盤センターの役割
(1)情報基盤センターの現状
(2)情報基盤センターの機能
(3)研究の高度化・多様化等を背景とした情報基盤センターに求められる役割の変化
(4)大学における情報基盤センターの位置付けの明確化
2.情報基盤センターに求められる機能の充実
(1)情報基盤センターの機能の充実
(2)各大学の特色を踏まえた活動の充実に向けた検討
3.情報基盤センター間及び次世代スーパーコンピュータを含む関連機関との連携協力の在り方
(1)情報基盤センター間の連携の一層の強化
(2)情報基盤センターと次世代スーパーコンピュータとの役割分担と連携
3 学術情報ネットワークの今後の整備の在り方について
1.学術情報ネットワークの役割並びに位置付け
(1)学術情報ネットワークの整備の重要性
(2)学術情報ネットワーク(SINET3)の整備状況
2.学術情報ネットワークの今後期待される役割及び今後の整備の在り方
(1)学術情報ネットワーク整備の基本的方向性
(2)学術情報ネットワークの需要予測
(3)現行学術情報ネットワーク(SINET3)の今後の整備の基本的考え方
(4)次期学術情報ネットワーク整備の基本方針

お問合せ先

研究振興局 情報課 学術基盤整備室

(研究振興局 情報課 学術基盤整備室)