ここからサイトの主なメニューです

資料3‐2 知識基盤社会を牽引する人材の育成と活躍の促進に向けて(案)

平成21年8月19日
科学技術・学術審議会 人材委員会

目次

第1章 知識基盤社会が求める人材像
1.イノベーションの創造に不可欠なチーム力の向上
2.チーム力を強化する多様性の確保
3.リーダーとしての資質を備える高度人材の育成
第2章 社会の多様な場で活躍する人材の育成
1.博士号取得者の社会の多様な場における活躍の促進
 (1)大学院等の人材育成機能の強化
 (2)産業界による博士号取得者の受入れ
 (3)博士課程学生への経済的支援の強化
 (4)博士号取得者のキャリアパス多様化の促進
 (5)ポストドクターに係る課題の解決に向けた取組
2.大学教員等の人材育成に係る意識改革
 (1)大学教員等を対象にした取組の推進
 (2)大学教員等の評価等を通じた教員の意識改革
 (3)研究資金制度等における人材育成への対応強化
3.グローバル化に対応した人材の育成・確保
 (1)日本人の「内向き志向」の解消と帰国後の活躍の場の拡充
 (2)外国人研究者等の受入れの推進
4.女性研究者の活躍の加速
第3章 若手研究者が自立して研究できる体制の整備
1.テニュア・トラック制の普及・定着
2.若手研究者ポストの拡充
第4章 次代を担う人材の育成
1.才能を見出し、伸ばす取組の充実
 (1)理数好きな子どもの裾野の拡大
 (2)才能を見出し、伸ばすための取組の充実
2.初等中等教育段階から研究者・技術者養成まで一貫した取組の推進
 (1)優れた指導者に接する場の充実
 (2)キャリア教育の推進
 (3)高大接続の推進
 (4)技術者養成のための取組の充実

参考資料

お問合せ先

科学技術・学術政策局計画官付

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局計画官付)

-- 登録:平成21年以前 --