ここからサイトの主なメニューです

学校施設の防災力強化プロジェクト

学校施設は、児童生徒等の学習・生活の場であるとともに、災害時には地域住民の避難所としての役割も果たすことから、防災機能の強化は極めて重要です。
本事業は、学校施設の防災機能強化の取組が一層促進されるよう、東日本大震災で顕在化した課題等を踏まえたテーマ(※)を具体的に指定した上で、各地域の特性等も加味した検討を実施し、その成果を全国に発信することを目的としています。
今後、様々な地域で本事業における取組が活用され、学校施設の防災機能強化が一層促進されるよう、以下、本事業におけるこれまでの取組モデルの概要を公表します。


※ テーマ
(1)津波対策:津波被害が想定される地域における学校施設の立地・安全対策の基礎的検討
(2)避難所としての防災機能強化:学校規模や地域特性等を踏まえた防災機能強化策の検討
(3)域内の学校施設の状況等を勘案した非構造部材の耐震点検手法等の検討
(4)竜巻等突風対策:ガラスの飛散防止対策など竜巻等突風への対策の検討
(5)ソフト・ハード一体となった学校防災:地震・津波災害・竜巻災害等に対応したソフト・ハード一体となった学校の防災対策の検討

お問合せ先

大臣官房文教施設企画部施設企画課防災推進室

電話番号:03-5253-4111(代表)(内線2235)、03-6734-2235(直通)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(大臣官房文教施設企画部施設企画課防災推進室)

-- 登録:平成25年06月 --