ここからサイトの主なメニューです

宇宙開発利用

宇宙航空科学技術推進委託費

政府の宇宙開発利用の指針として決定された宇宙基本計画において、「専門家にとどまらず潜在的な一般の利用者も含めた利用拡大を図る。」とあること等から、平成21年度に、宇宙利用の裾野拡大を目的として、本事業が創設されました。
本事業は、宇宙航空の利用の新たな分野で進めるにあたって端緒となる技術的課題にチャレンジする研究開発、宇宙航空開発利用の発展を支える人材育成や宇宙航空特有の社会的効果を活用した教育等、宇宙航空開発利用の新たな可能性を開拓するための取組を行い、さらなる裾野拡大を目的としています。
※平成22年度から本事業は競争的資金制度として運用を行っています。

更新情報

平成28年4月22日    平成26年度終了課題の事後評価結果を更新しました。

平成28年3月14日    平成28年度公募情報を更新しました。

平成27年8月21日    平成27年度採択課題を更新しました。

平成27年4月27日    平成27年度公募情報を更新しました。

平成27年3月25日    平成25年度終了課題の事後評価結果及び平成26年度採択課題を更新しました。

平成26年5月2日    平成24年度終了課題の事後評価結果を更新しました。

公募情報・公募結果

平成28年3月14日平成28年度宇宙航空科学技術推進委託費の公募について 
公募対象プログラム(採択予定件数):宇宙人材育成プログラム(2件)、新事業・新サービス創出プログラム(2件) 、航空人材育成プログラム(1件)
公募受付締切日:平成28年4月18日(月曜日)17時00分【必着】

平成27年8月21日平成27年度宇宙航空科学技術推進委託費の採択課題の決定について 
提案件数:46件

平成27年4月27日平成27年度宇宙航空科学技術推進委託費の公募について 
公募対象プログラム:宇宙人材育成プログラム(2件)、宇宙研究拠点形成プログラム(2件) 、宇宙利用促進プログラム(2件)、航空人材育成プログラム(3件)
公募受付締切日:平成27年5月29日(金曜日)17時00分【必着】

平成26年12月10日平成26年度宇宙航空科学技術推進委託費の採択課題の決定について 
提案件数:41件(実践的若手宇宙人材育成プログラム12件、宇宙科学研究拠点形成プログラム29件)

平成26年9月12日平成26年度宇宙航空科学技術推進委託費の公募について 
公募対象プログラム:実践的若手宇宙人材育成プログラム(2件)、宇宙科学研究拠点形成プログラム(4件) 
公募受付締切日:平成26年10月10日(金曜日)17時00分【必着】

平成25年12月19日  平成25年度宇宙科学技術推進調整委託費の採択課題の決定について 
提案件数:2件(うち宇宙科学技術政策研究プログラム1件、地球観測コミュニティ構築プログラム1件)

平成25年10月16日  平成25年度宇宙科学技術推進調整委託費の公募について 
公募対象プログラム:宇宙科学技術政策研究プログラム(1件)、地球観測コミュニティプログラム(1件) 
公募受付締切日:平成25年11月6日(水曜日)17時00分【必着】

平成25年8月22日  平成25年度宇宙科学技術推進調整委託費の採択課題の決定について
提案件数:63件(うち宇宙科学技術利用促進プログラム33件、宇宙航空科学技術人材育成プログラム30件)

平成25年4月3日  平成25年度宇宙科学技術推進調整委託費の公募について
公募対象プログラム:宇宙科学技術利用促進プログラム(5~10件)、宇宙航空科学技術人材育成プログラム(5~10件)
公募受付締切日:平成25年5月15日(水曜日)17時00分【必着】   

採択課題

平成27年度

委託先

課題名

概要

事後評価結果

予定総事業費

(実施年度)

宇宙人材育成プログラム

 学校法人東京理科大学

 最先端宇宙科学技術の本物体験で学ぶ「宇宙教育プログラム」の開発

 国際的に活躍できる次世代宇宙科学技術者の人的基盤の裾野拡大と構築を目的として,最先端の宇宙科学技術による本物体験を通じて宇宙科学技術を理解し,教育現場にその魅力を広く発信して興味の醸成を促すことのできる理科教員と,宇宙開発・宇宙産業の将来を担う研究者・技術者を輩出する。

 

 115百万円(平成27年度~29年度)

学校法人慶應義塾大学

 グローバルな学び・成長を実現する社会課題解決型宇宙人材育成プログラム

 国際機関や海外大学との連携の経験が豊富な大学教員が中心となり,宇宙インフラ利活用による国内外の実際の社会課題の解決に取り組み,学生の気づきや経験を重視し、学生が自ら学び、教えあう仕組みと環境を実現することを目的とする。社会課題解決のための宇宙人材育成に必要なスキル・知識に関する専門家である複数の大学の教員・研究者らが連携を図り,以下を実施する。
1.国内外での協働プロジェクトの企画・参加によって得られる気づきや経験をもとに,学生がメンターの支援やe-learningによって,興味や必要なスキル・知識に応じて学べるカフェテリア型学習の開発。
2.学生同士が各々のスキルや知識に応じて学び教えあうことによる主体的学びの連鎖を実現する自律ネットワーク型学習コミュニティの創出。
3.国際機関や現地法人,起業コミュニティとの連携によるプロジェクト成果スタートアップ事業支援プラットフォームの構築。

 

 116百万円(平成27年度~29年度)

 特定非営利活動法人大学宇宙工学コンソーシアム

 持続的な超小型衛星開発・利用を可能にする国際宇宙人材の体系的な育成

 超小型衛星の開発・利用が今後も国際社会に受け入れられ,発展し続けるために,それを担える高い問題意識・啓発意識と技術・知識を有する国際人材を,大学や国の垣根を越えて組織的・体系的に育成する。
【実施内容】
1)超小型衛星開発の基礎を学ぶハンズオン授業の国際化と普及
2)成功する数kg級衛星のガイドブックの作成
3)超小型衛星開発の国際的レビュー体制の構築
4)「成功する衛星」論の普及

 

88百万円(平成27年度~29年度)

宇宙研究拠点形成プログラム

国立大学法人金沢大学

 超小型衛星で展開する先進的理工学研究拠点の形成

 2010年代後半の宇宙科学における最重要課題の1つである重力波観測と同期した X線突発天体の監視を行い,「重力波天文学」という新たな学術領域の形成に貢献する。
これにより,金沢大学を中心にした世界に誇れる先進的理工学研究拠点にする。
本研究では,科学観測を実現するために2種類の搭載機器を開発する。
(1) 広視野X線撮像検出器
1~20キロ電子ボルトの帯域で,過去最高の感度を達成する広視野X線撮像検出器を開発する
(2) 小型リアルタイムパケット送信機
商用衛星を利用した小型リアルタイム通信装置を開発し,突発天体の発生を世界中に通報する

 

 89百万円(平成27年度~29年度)

 公立大学法人首都大学東京

 継続的な理学的挑戦を担う超小型衛星の開発とその供給による宇宙科学ミッションの支援と実行のための拠点形成

 1. 従来埋没していた潜在的な宇宙科学ミッションについて,これを自立的且つ継続的に実行していくための体制と拠点を形成すること
2. 上記1の実現のために,継続的な理学的挑戦を担う超小型衛星を開発すること
3. 及び上記1の活動を自立させる仕組みを構築すること
を全体の達成目標とし,汎用的な超小型衛星の開発,ビジネス展開,ミッション系開発の3項目を以って達成を目指す。

 

 89百万円(平成27年度~29年度)

 宇宙利用促進プログラム

 国立大学法人東京大学

 気象衛星ひまわりを活用したアジア太平洋地域の林野火災準実時間観測

 気象衛星ひまわり8号を主軸に2030年までの長期的展望を見据え,アジア太平洋地域の林野火災を準実時間で観測する技術を確立することを目的とする。 このうち,高知工科大学では雲検知,長崎大学では林野火災検知,宇宙航空研究開発機構では気象特性解析による火災発生リスクの評価,森林総研では火災後の植生回復監視と森林生態系への影響評価を実施する。

 

 57百万円(平成27年度~29年度)

 国立研究開発法人海洋研究開発機構

 キロメートル級分解能を備えた新世代大気汚染観測衛星データの科学・政策利用研究:オゾン・PM2.5問題解決へ向けて

 東アジアにおけるPM2.5大気汚染の広域化と越境問題に象徴されるように,人間活動が地球環境に与える負荷は近年拡大し,要因の解明と喫緊の課題解決が国際的に求められている。代表的な大気汚染トレーサーであるNO2 (二酸化窒素)をかつてなく高い水平分解能(キロメートル四方程度)で計測する「新世代大気汚染衛星観測」が国内外で計画されており,オゾンやPM2.5の二次汚染を,個別発生源と結びつけ,効果的な対策を導く科学情報が得られるようになることが期待されるが,具体的な方法は確立されていない。
本課題では,このような道筋の明確化を目指し,地上観測や最新の大気化学輸送数値モデルシミュレーション,データ同化技術も併用して,
・個別発生源の識別
・排出量推計の高精度化
・大気化学メカニズム診断
・広域汚染と発生源の関係解明
を可能とする方法論を世界で初めて構築し,実証する。

 

 52百万円(平成27年度~29年度)

航空人材育成プログラム 

 国立大学法人九州工業大学 

 大学と地域で協働する未来の航空科学技術フロンティア人材育成 

 航空科学技術の専門知識を有する大学や空港,日常的に小中高生に科学技術の指導にあたっている公共教育機関が協力し,小中高生を対象に航空の歴史や航空産業が学べる教材の開発及び講座の開講を実施する。更に,小中高生にはオリジナル模型飛行機製作,中高生にはオリジナル飛行ロボット製作用の各年齢層に適した教材開発及び講座も開講することで,航空技術がどのようなものか実際に体験してもらうことが可能となる。

 

 29百万円(平成27年度~29年度)

 かかみがはら航空宇宙科学博物館

 航空機製造模擬体験プログラムの開発

 複数種類からなるパーツを組合せ製作する飛行機模型を用いて,小学校高学年から中学生を対象に航空機製造の疑似体験を行うプログラムを開発し,航空機の設計・製造の面白さを体感することで,将来の航空宇宙産業を担う人材を発掘する。

 

27百万円(平成27年度~29年度)

 

平成26年度

委託先

課題名

概要

事後評価結果

予定総事業費

(実施年度)

実践的若手宇宙人材育成プログラム

 独立行政法人国立高等専門学校機構高知工業高等専門学校

 国立高専超小型衛星実現に向けての全国高専連携宇宙人材育成事業

 高専スペース連携中核校の8校が中心となり,ものづくりの究極となる超小型衛星を全国の国立高専の学生が連携して打ち上げを目指すことにより,宇宙航空開発利用の発展を支える多くの人材育成を行う。

 

 29百万円
(平成26年度~28年度)

 国立大学法人千葉大学

 地球観測衛星データの地上検証活動による実践的人材育成スキームの構築

 衛星データ解析,ハードウエア製作及び運用に関わる可能性がある人々が地上検証活動を通して相互理解を深めるとともに,プロジェクトの成果向上という共通目標のもとモチベーションをより高めることによって若手人材を育成するだけでなく,検証活動全体をコーディネートする人材育成のスキームを構築する。

 

 30百万円
(平成26年度~28年度)

 宇宙科学研究拠点形成プログラム

 国立大学法人九州大学

 GNSS反射信号を用いた全地球常時観測が拓く新しい宇宙海洋科学

 新しい宇宙工学分野であるGNSS-R観測データの取得・配信システムの整備,データ解析手法の開発と検証・確立を通じて,海洋科学と宇宙工学を跨ぐ科学コミュニティの「拠点」を形成し,これまでの海洋・海象研究で欠落していた「全地球常時観測」という視点を獲得して,それによって新たに得られる海洋現象を明確にする。

 

 103百万円
(平成26年度~28年度)

 国立大学法人九州工業大学

 宇宙利用を支える宇宙材料劣化研究拠点の形成

 挑戦的ミッションで材料が劣化し,その結果として人工衛星の機能性が損なわれることがないよう,多岐にわたる宇宙環境要因の影響全てを一括して研究・評価し,品質保証できる研究拠点を形成する。

 

 84百万円
(平成26年度~28年度)

 国立大学法人筑波大学

 高品質蛋白質結晶化技術の宇宙科学研究拠点形成

 宇宙科学実験を通じた革新的な技術の開発,宇宙科学実験技術のプラットフォーム化等を通じて,高品質蛋白質結晶化を共通の研究基盤とする宇宙科学コミュニティを育成する。

 

 88百万円
(平成26年度~28年度)

 国立大学法人東京工業大学

 革新的宇宙科学を切り拓く先進展開構造の研究・開発拠点形成

 若手研究者が中心となって宇宙実証のための超小型衛星を1機開発することを通じ,将来の超小型~大型衛星の基盤技術となりうる先進的な宇宙展開構造物を創出する研究・開発拠点を形成する。

 

 92百万円
(平成26年度~28年度)

 国立大学法人九州工業大学

 超小型衛星試験拠点を核とした革新的宇宙技術の信頼性向上とグローバルニーズに応える宇宙利用と人材育成のための国際ネットワークの形成

 超小型衛星試験センターの外部利用の推進や若手研究者への設備開放等を通じて超小型衛星の信頼性向上を図るとともに,国連宇宙部と連携した留学生・日本人学生によるPBL等を実施することによって,国際的ネットワークの形成を行う。

 

 104百万円
(平成26年度~28年度)


平成25年度

委託先

課題名

概要

事後評価結果

予定総事業費

(実施年度)

宇宙科学技術政策研究プログラム

 有人宇宙システム株式会社

 我が国宇宙開発プロジェクトの検討経緯の調査整理,分析および政策研究

 我が国の宇宙科学技術の水準の向上及び宇宙開発利用の促進に資するために,宇宙開発委員会等においてこれまで検討されてきた宇宙開発プロジェクトに関する資料を電子化・保存しつつ,有識者から構成される委員会を開催し,網羅的かつ体系的に再整理し,調査分析及び政策研究を行う。

 

 15百万円
(平成25年度~27年度)

地球観測コミュニティ構築プログラム

 一般財団法人リモート・センシング技術センター

 地球観測衛星利用拡大のための地球観測利用戦略コミュニティ(仮称)の形成

 日本における地球観測衛星ユーザの多くを取り込んだ地球観測利用戦略コミュニティを構築し,多くの意見を集約・調整した将来の地球観測衛星に関する提言書をとりまとめるとともに,本コミュニティの持続的な活動を踏まえた計画を立案する。

 

 45百万円
(平成25年度~27年度)

 宇宙科学技術利用促進プログラム

 独立行政法人国立高等専門学校機構高知工業高等専門学校 

 「みちびき」と「きく8号」を用いたGPS津波計による早期津波警戒システム(※PDF)

 「みちびき」と「きく8号」を活用して,GPS津波計の沖合展開の距離に制限されることのない単独精密測位やリアルタイムデータの常時継続的な伝送等,通信機能の改善に取り組み,今後の早期津波警報システムを飛躍的に機能向上させる基本技術を確立する。 

S

 30百万円
(平成25年度~26年度)

 国立大学法人千葉大学

 損害評価効率化のための農業共済保険制度への衛星データの社会実装

 衛星データを水稲の損害評価システムの中に社会実装して,農業共済保険制度における損害評価の効率化を達成するため,既に北海道のモデル地区で構築済みの損害評価プロトタイプの他県及び海外への適用を試みる。

 

 57百万円
(平成25年度~27年度)

 国立大学法人徳島大学

 宇宙飛行士の安全な長期宇宙滞在を可能にする機能性宇宙食の開発

 宇宙飛行士の長期宇宙滞在での食生活において,骨量減少等生体への影響を軽減しうる新規の宇宙食(機能性宇宙食)を開発するとともに,宇宙飛行士の味覚の変化を化学的に解明することを目的とする。

 

 60百万円
(平成25年度~27年度)

 国立大学法人千葉大学

 食糧安全保障に向けた衛星入力を活用した環太平洋域での広域収量推定および短期予測の試み

 衛星以外では広域推定が困難な日射・降水量を入力とした,統合陸面過程モデルと作物成長モデルの組み合わせで環太平洋域での広域作物収量推定を行うとともに,統合陸面過程モデル,作物成長モデル,雲解像モデルと組み合わせて近未来(1~5日先)の作物成長予測を行い,収穫,水管理への対策判断情報に役立てる。

 

 49百万円
(平成25年度~27年度)

 国立大学法人東京大学

 大規模穀倉地帯における土壌劣化マッピング手法の確立と情報提供ソフトウエアの開発

 劣化した土壌に適した品種を導入するといった作付けや管理手法の導入を可能とし,土壌劣化が進む農耕地において収量を向上させるため,リモートセンシング技術を用いた土壌特性の正確な把握を目指す。

 

 60百万円
(平成25年度~27年度)

宇宙航空科学技術人材育成プログラム 

 国立大学法人京都大学 

 球形立体表示システムを用いた宇宙地球教育プログラムの発展的開発と実施 
 

 学校教育や小規模科学館においても,簡単かつ少ない予算で,宇宙と地球に関する魅力的な授業と展示を実施できるシステムとそれを用いた教育プログラムを開発し実施することで,若年層を中心とした人々の宇宙科学技術の成果に触れられる機会を増やし,将来の宇宙科学技術を担う人材を育成する。 

 

 60百万円
(平成25年度~27年度) 
 

 特定非営利活動法人企業教育研究会

 「宇宙観測を支える情報技術とエンジニア」についての教材の開発とパッケージ化

 宇宙観測(位置天文学)を支える情報技術の専門家と教育学部の専門家が連携しながら,中学生に宇宙観測を支える情報技術とエンジニアに興味を持たせ,将来の宇宙科学技術を支える情報技術者を育成するために,全国の教員に活用してもらえる教材パッケージを開発する。

 

 31百万円
(平成25年度~27年度)

 宇宙技術開発株式会社

 「はやぶさ」の成果を活かす宇宙探査体験学習教材の開発と実証

 宇宙開発利用の発展に貢献する人材を育成するため,宇宙探査に焦点をあてた宇宙探査体験学習教材を開発し,それを用いた利用実証を実施して学習内容と学習方法の有効性を評価することを目的とする。

 

 58百万円
(平成25年度~27年度)

 国立大学法人京都大学

 科学衛星データを活用した宇宙天気研究成果の社会発信と人材育成

 科学衛星の観測データを用いて宇宙天気研究を推進し,その成果やその他の最新の宇宙科学研究成果を発信することで,自然科学に興味を持つ人を増やし,さらには宇宙科学の教育普及活動を推進する人材や,長期的には研究,実学,政策立案等の分野における社会的リーダーになる人材を育成する。

 

 51百万円
(平成25年度~27年度)

 国立大学法人山口大学

 大学院の国際連携による衛星リモートセンシングの人材育成

 平成21年度宇宙利用促進調整委託費「国際連携による衛星リモートセンシング人材育成」により確立された山口大学大学院理工学研究科とインドネシア共和国ウダヤナ大学大学院修士課程の共同教育・研究を発展させて衛星リモートセンシングの高度利用と人材育成の更なる強化を目的とする。

 

 60百万円
(平成25年度~27年度)

 

平成24年度

委託先

課題名

概要

事後評価結果

総事業費

(実施年度)

 宇宙科学技術利用促進プログラム

 国立大学法人東京大学 

 超小型光学衛星コンステレーションとLバンドSAR衛星を用いた福島・チェルノブイリ周辺の環境変化モニタリング(※PDF)

 超小型光学衛星コンステレーションとSAR 衛星を投入して原子炉事故地域を継続的にモニタリングし,環境変化予測および災害復興に資する解析手法・システムを開発する。 

A

 42百万円
(平成24年度~26年度) 

 株式会社オークニー

 衛星データと地球地図を用いた環境劣化評価システムの構築(※PDF)

 FOSS4Gと呼ばれるオープンソースの地理空間・画像解析ソフトウェアを用いて,標準的な土地利用・被覆図である地球地図の作成を簡便に行えるようにする。さらに,地球地図を利用した自然災害や環境劣化を評価,モニタリングするシステムを構築する。 

A

 42百万円

(平成24年度~26年度)

 国立大学法人千葉大学

 低軌道からの大気汚染と気候変動物質の3次元観測:ミッションフィージビリティ検討研究(※PDF)

 道路や工場などの単位でのSLCPs 放出源の特定,さらにはSLCPs のひとつである対流圏オゾンの「健康や農作物への被害」と「温暖化影響」の分離を実現できる観測システムを提案し,観測システム実現性の具体的かつ包括的なフィージビリティ検討を実施する。

A

 25百万円

(平成24年度~26年度)

 独立行政法人農業環境技術研究所

 食糧-環境分野での広範な利用を支える地球観測衛星群による生態系監視基盤技術の創出(※PDF)

 食糧-環境分野の広範な問題解決に欠かせない陸域生態系情報を,衛星センサによって精度良く安定的に提供することを目的として,異種多様な地球観測衛星群による生態系動態監視のための共通的基盤技術の構築をめざす。

S

 30百万円

(平成24年度~25年度)

 株式会社ビジョンテック

 準衛星コンステレーションを利用した高度水稲営農情報システムの構築と実証(※PDF)

 水稲生産におけるこれらの内憂外患に対する一つのソリューションとして,衛星リモートセンシング技術の高度な利用法により,低負荷・低コスト営農で精密農業を実現し,安定的に高付加価値米を生産する高度水稲営農情報システムの構築を行うと同時に,その実証を行うことを目的とする。 

S

 21百万円

(平成24年度~26年度)

 株式会社NTTデータ

 測位衛星の簡易メッセージ機能の価値を向上させる国際展開可能な防災情報プラットフォームの構築(※PDF)

 準天頂衛星の測位補強信号であるL1S信号を利用した簡易メッセージ配信による人への避難支援はもとより,車両や防災設備等のモノの制御などの多様なニーズに対応することができる防災情報プラットフォームの構築と検証を行う。

B

 61百万円 
 (平成24年度~26年度)

 学校法人東京農業大学

 衛星データと気象データを融合したJA参加型営農支援GISの構築(※PDF)

 低コストで開発するためのJA参加型営農支援GISを構築するともに,GISを活用した気象データと衛星データを融合した営農支援コンテンツ情報をGIS上に表現するためのデータベースシステムを開発する。

B

 40百万円

(平成24年度~26年度)

 宇宙科学技術人材育成プログラム

 国立大学法人九州工業大学 

 大学発小型衛星が育む未来の宇宙利用者たち(※PDF)

 大学発小型衛星を最大限に活用し,小学生から大学院生までの幅広い層を対象として,将来,宇宙に携わる人材を育成するための教材開発・講座の実施,並びに継続的な育成体制の整備を目指す。 

A

 31百万円
(平成24年度~26年度)

 財団法人日本宇宙フォーラム

 「きぼうハイビジョン・アースビュー教育プログラム」による教材提供の実践と人材育成(※PDF)

 国際宇宙ステーションの日本の実験棟「きぼう」船外実験プラットフォームに設置されたハイビジョンカメラで取得される映像を,今後の日本や世界を担う子ども達により広い世界観を持てるような教育素材の提供を目指す。 

A

 24百万円
(平成24年度~26年度)

 特定非営利活動法人大学宇宙工学コンソーシアム

 缶サット・超小型衛星を用いた創造的科学技術人育成ネットワークの構築(※PDF)

 缶サットと数kgの超小型人工衛星を教材として用いた,大学生・大学院生を対象とする宇宙科学技術人材の高等教育プログラムの提供と,そのための人材育成ネットワークの構築を目指すものであり,「宇宙に手の届く」人材の育成プログラムの構築を目標とし実施するものである。 

A

 24百万円
(平成24年度~26年度)

 国立大学法人東京大学

 宇宙インフラ活用人材育成のための大学連携国際教育プログラム(※PDF)

 宇宙インフラの利活用を前提とした社会基盤システムを開発・実現・運営するため,宇宙インフラ利用技術,社会基盤サービス技術,そしてシステムを計画・開発・運営する技術を有し,国際的なスケールで構想・計画できる人材を長期的な視点から育成する国際プログラムとそれを支える教材,教授法を世界で初めて開発することを目的とする。

S

 67百万円
(平成24年度~26年度)

 

平成22年度

委託先

課題名

概要

事後評価結果

総事業費

(実施年度)

 測位衛星利用プログラム

 株式会社トプコン 

 準天頂衛星を利用したオートステアリングシステムの精度向上 (PDF)

 準天頂衛星のLEX補強信号を活用し,低コストで高精度な自動走行システムに必要なオートステアリングシステムの精度向上を図る 。また,既存の建設向け情報化施工システムへの適用の実証実験を行う。

 A 

 70百万円
(平成22年度~24年度) 

 国立大学法人京都大学

 高精度衛星測位データを用いた気象予測システムの構築 (PDF)

 衛星測位データを用いて水蒸気量の短時間変動を監視・予測するシステムを設計し、気象災害を引き起こす集中豪雨等の早期監視への活用を提案する。高仰角の準天頂衛星の測位データを用いることで、可降水量の水平分解能を約1kmまで改善することが可能となる。

S

 81百万円
(平成22年度~24年度) 

 古野電気株式会社

 海上での高精度測位応用に向けたQZS-PPP評価 (PDF)

 準天頂衛星のLEX補強信号利用による海上(港湾・沿岸地域)での測位精度評価を行い,離着桟支援システム等の船舶用高精度測位利用への実現性の検証を行う。

B

 60百万円
(平成22年度~24年度)

 独立行政法人電子航法研究所

 障害に強い(ロバストな)位置情報のための地域的測位衛星の高度利用 (PDF)

 米国のGPSの一部または全部が停止した場合を想定して,我が国が保有する準天頂衛星及びMSAS(航空用GPS補強システム)により位置の測定を行う方式の利用精度,利用可能性について検討,実証する。

S

 59百万円
(平成22年度~24年度)

 国立大学法人東京海洋大学

 道路鋲・道路標識等,道路空間におけるQZSS時刻利用 (PDF)

 準天頂衛星を用いた超小型・省電力・高感度の時刻同期デバイスを開発し,道路鋲等の制御により道路空間の安全性向上に資する実証を行う。併せて衛星による時刻同期の利用拡大に向けた基礎実験と検証を行う。

B

 26百万円
(平成22年度~23年度)

 太洋無線株式会社

 測位衛星システムを利用した捜索救助衛星システムの高度化に関する実証実験 (PDF)

 準天頂衛星初号機「みちびき」のL1-SAIF信号によって,捜索救助用ビーコンとの双方向通信が実現できることを実証し,遭難者の救助率の向上に資するシステム構築の可能性を検証する。

A

 65百万円
(平成22年度~23年度)

 日立造船株式会社

 IT農業の実現に向けた準天頂衛星による高精度走行システムの実証実験 (PDF)

 将来の農機などのIT自動走行を目標とし,準天頂衛星からのLEX補強信号を利用して,農機のアシスト走行の実証実験を行う。

A

 48百万円
(平成22年度~23年度)

 株式会社パスコ

 準天頂衛星を活用した基盤地図情報の整備・更新に係る検証 (PDF)

 準天頂衛星による高精度測位情報を活用して,1/1000地形図程度の精度を持った,基盤地図情報を整備・更新する手法の確立,及び,基盤地図情報を均質で安価に整備・更新できる手法の確立を目指す。

A

 28百万円
(平成22年度)

 

平成21年度

委託先

採択課題名

概要

事後評価結果

総事業経費

(実施年度)

 衛星データ利用を促進する手法等の実証プログラム

 株式会社ビジョンテック

 良食味・高品質米の安定生産のための水稲生育管理への衛星データの適用実証 (PDF)

 広範な稲作地における稲の生育状況や良食味米の把握,病害虫の発生予測や収穫量予測など,衛星データを利用した米の安定生産のための管理システムを開発する。

S

 55百万円
(平成21年度~23年度)

 国立大学法人名古屋大学

 赤潮被害軽減のための衛星データ利用実証試験 (PDF) 

 衛星からの画像データを利用した赤潮観測技術等を開発するとともに,プランクトンの光学特性を研究して,衛星画像から赤潮を検出する精度を高める。 

B

 65百万円
(平成21年度~23年度)

 株式会社オークニー

 F0SS4Gを活用した衛星データの利用のためのオープン・リソースの構築 (PDF)

 誰もが衛星データを自由に利用できるよう,フリーのソフトウェア(FOSS4G)をベースに,衛星データを利用するためのソフトウェア,マニュアル等を開発する。

S

 82百万円
(平成21年度~23年度)

 衛星データ利用のための技術開発プログラム

 独立行政法人農業環境技術研究所 

 食糧-環境インテリジェンスのための恒常的生態系資源観測システムと国際連携ネットワークの構築 (PDF)

 国内および国際的な食糧生産と環境保全に関する生態系情報の恒常的・広域的な監視システム構築を目指して,異種衛星センサの統合的利用法の開発,衛星データを補正する地上システムの開発,生態系情報プラットフォームの構築等を行う。 

 A 

 77百万円
(平成21年度~23年度) 

 国立大学法人京都大学

 偏波合成開口レーダデータを用いた大規模植林地のマイクロ波散乱メカニズムの解明とバイオマス推定手法の開発
究 (PDF)

 衛星レーダからのデータを利用して,熱帯雨林における広大な植林地の植生を,天候に左右されることなく定期的にモニタリングする手法を開発するとともに,森林バイオマス量推定手法を開発する。

A

 25百万円
(平成21年度~23年度)

 国立大学法人京都大学

 超小型位置天文衛星のデータ利用促進のための研究 (PDF)

 今後打上げ機数の拡大が見込まれる超小型衛星について,安価,かつ,多様な超小型衛星にも対応できる地上運用管制・データ公開システムを開発する。

A

 57百万円
(平成21年度~23年度)

 国立大学法人佐賀大学

 衛星による有害赤潮早期発見および水産資源管理 (PDF)

 有害赤潮早期発見および水産資源管理システムを構築するために,有害赤潮等を,衛星からの画像データの分析および直接海水から水温や栄養塩濃度等を自動観測する装置によって早期発見し,当該被害を削減するための警戒対策を可能とする通報システム等を開発する。

B

 28百万円
(平成21年度~22年度)

 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構

 WWW連携農村災害関連地理衛星画像情報分散協調サーバーGeoWebの試作 (PDF)

 農村防災分野において,衛星からの画像データや,関係自治体,消防,農協などの農業災害関係機関や住民からの災害情報を,共有するためのプラットフォームとなるシステムを開発する。

B

 7百万円
(平成21年度~22年度)

 衛星データを利用した新規利用開拓プログラム

 国立大学法人静岡大学 

 衛星データを利用した災害時・平常時の道路交通情報解析 (PDF) 

 衛星からの画像データに基づいて,災害時・平常時の道路交通情報を自動抽出する手法の検討,基礎実験・検証を行う。

 B 

 27百万円
(平成21年度~23年度) 

 学校法人東京農業大学

 衛星データを利用した農家参加型営農支援システムの構築 (PDF)

 衛星データの農林業部門での利活用が進まない諸要因を,現場の農家側と受託者側との積極的な意見交換と議論の中から抽出し,現場に必要な衛星データ情報の種類と,最適な提供方法について検討する。

A

 49百万円
(平成21年度~23年度)

 JR東日本コンサルタンツ株式会社

 防災情報マッシュアップサービスの展開・検証 (PDF)

 電力会社,鉄道会社等のインフラ企業,自治体等が,迅速かつ効果的な防災業務を実施するため,各組織間で,衛星からの画像データ,被災の実情報,他組織の活動状況等の情報を共有するシステムを開発して,試行的に展開しその効果を検証する。

A

 80百万円
(平成21年度~23年度)

 株式会社NTTデータ

 衛星からの広域同報小容量データを利用したリアルタイム防災ソリューションの構築 (PDF)

 準天頂衛星からの広域同報小容量データを有効利用して,測位情報や防災マップ情報などと組み合わせて,状況に応じて選択的に情報を活用する仕組みを新たに開発し,利用者が緊急時に取るべき行動を示唆することで防災対策活動を支援することを目
指す。

A

 76百万円
(平成21年度~23年度)

 学校法人岩手医科大学

 通信衛星を利用した遠隔病理診断(テレパソロジー)の試み (PDF)

 離島など遠隔地においても,リアルタイムで病理診断を受けられる仕組みを作ることを目指して,超高速インターネット衛星「きずな」を利用して,大容量通信を必要とする病理組織画像の閲覧を目的として,機器操作を可能とするシステムを開発する。

B

 23百万円
(平成21年度~22年度)

 衛星データ利用のための人材育成プログラム

 財団法人日本宇宙フォーラム 

 きぼうハイビジョン・アースビュー教育システムの構築と利用実証 (資料1 (PDF)資料2 (PDF)

 国際宇宙ステーション上の日本実験棟「きぼう」船外実験プラットフォームに設置されるハイビジョンカメラを使って,子ども達からの要求に従い撮影された映像をリアルタイムに活用できる教育用システムの構築を行う。

A

 40百万円
(平成21年度~23年度) 

 財団法人日本宇宙少年団

 将来の幅広い分野での衛星データ利用を目的とした子ども向け人材育成プログラムの開発及び全国での実証 (PDF)

 比較的低学年の子ども達が,人工衛星に慣れ親しんでもらうことを目的に,子ども達も利用できる衛星画像データの検索及びデータ獲得手法の操作マニュアルを作成し,衛星データの利用に関する知識を習得する有効な手法を検証することにより,体験学習プログラムを確立する。

A

 27百万円
(平成21年度~23年度)

 国立大学法人京都大学

 地球立体表示装置と衛星データを用いた教育プログラムの開発 (PDF) 

 汎用的なプロジェクターや安価なスクリーンを用いて,衛星からの画像データを表示させるデジタル4次元地球儀システムを開発するとともに,小中高校の授業プログラム・指導用のマニュアルを開発する。

A

 24百万円
(平成21年度~23年度) 

 慶應義塾大学SFC研究所

 衛星データを使った中学・高校での「地理実験」「地学実験」教材開発による人材育成 (PDF)

 中学・高校における社会科・理科等の授業の中で,衛星データを使って学校周辺の緑被分布・ヒートアイランド現象などの環境観測を生徒達自身が行い,地形や人口密度,交通網などとの関係を考察できるよう,全国分のデータセットの整備および教員向けの指導マニュアルを開発する。

B

 30百万円
(平成21年度~23年度)

 国立大学法人九州工業大学

 大学発小型衛星から紡ぐ宇宙ベンチャーマインド (PDF)

 各種衛星データを活用し,主に高校生・大学生を対象にして,衛星システムの基礎知識,衛星データを利用するスキル,宇宙ビジネスの先行事例等を学ぶことができる教育コンテンツを開発する。

A

 42百万円
(平成21年度~23年度)

 国立大学法人山口大学

 国際連携による衛星リモートセンシング人材育成  (PDF)

 海外の大学と国際連携し,衛星リモートセンシングデータの解析,アーカイブ作成,地球環境問題,防災,植生,海洋などへの応用分野での共同教育を盛り込んだ,リモートセンシングに関する大学院博士前期課程レベルの教育プログラムを開発する。

A

 37百万円
(平成21年度~23年度)

 財団法人日本地図センター

 衛星データを活用する地理・地図教材の開発 (PDF)

 衛星からの画像データ,航空写真及び地図を融合させた展示システムを開発するとともに,その活用方法を記したガイドライン等を作成して,主に小中学校の地理教育等で活用される教材を作成する。

B

 17百万円
(平成21年度~22年度)

 準天頂衛星システム利用促進プログラム

 財団法人衛星測位利用推進センター

 準天頂衛星システム利用促進に向けた測位端末およびシミュレータの開発・整備 (PDF)

 測位受信機や測位信号シミュレータ等を開発・整備することにより,衛星測位技術に精通していない事業者でも,準天頂衛星システムを利用したアプリケーション開発が可能となるような環境(共通基盤)を構築し,準天頂衛星システムの利用促進を図る。

A

 799百万円
(平成21年度~22年度)

 

 参考: 平成27年度審査評価会 委員名簿

主査

 澤岡  昭 

 大同大学 学長

 

 瀧口 義浩 

 光産業創成大学院大学 光情報・システム分野 教授 

 

 田代 大輔 

 オフィス気象キャスター株式会社 代表取締役

 

 続橋  聡 

 一般社団法人日本経済団体連合会 産業技術本部長

 

 中村 日出夫 

 一般社団法人エネルギー環境教育推進研究所 代表理事

 

 笹野 泰弘 

 元国立環境研究所 地球環境研究センター長

 

 張替 正敏

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 航空技術部門 基盤技術統括 

(五十音順、敬称略)

 

お問合せ先

研究開発局宇宙開発利用課

-- 登録:平成26年05月 --