「武道ツーリズム」による「まちづくり」にチャレンジしませんか?(自治体及び関係事業者の皆様へ)

 2018年3月、「スポーツツーリズム需要拡大のための官民連携協議会」での議論及びスポーツ庁が実施した国内外マーケティング調査の結果を踏まえ、今後のスポーツツーリズム需要拡大・定着化のための指針となる「スポーツツーリズム需要拡大戦略」が策定され、「地域の意識啓発及びコンテンツ開発・受入体制強化」「国・企業・地域・団体等の連携強化」「官民連携プロモーション」の3本の柱で施策を推進していくこととし、日本特有の地域資源を活かした取組が可能な「武道ツーリズム」と「アウトドアスポーツツーリズム」が重点テーマとして設定されました。
 「武道ツーリズム」においては、スポーツによるまちづくりを推進していくにあたり、地域への社会的効果や経済効果をみても、大きなポテンシャルを秘めていると考えられます。しかしながら、地域差もあるものの、思うように普及、浸透、実施がなされていない状況であり、推進していくために幅広い関係者の参画が必要になります。
 そこで、スポーツ庁は自治体及び関連事業者の皆様に現状のご理解と、今後どのように推進していくべきなのかを把握してもらう為に、本ページに資料をまとめました。

 

「武道ツーリズム推進方針」の策定について

武道ツーリズム推進方針

武道ツーリズム研究会

武道ツーリズム研究会:議事要旨・議事録・配付資料

武道ツーリズムに関わる施設情報(※データベースのホームページが別ウィンドウで開きます)

武道ツーリズムに関わる施設情報データベース

年度別事業

2021年度報告書

スポーツによる地域の価値向上プロジェクト
(武道関係施設データベースの拡充及び利活用の促進)報告書(PDF1808KB)

武道ツーリズム取組事例集(PDF7127KB)

2020年度報告書

武道ツーリズムに関わる施設情報データベース構築事業「報告書」(PDF 118KB)

別添A詳細報告書 (PDF 1565KB)

別添B詳細報告書 (PDF 1503KB)

関連記事(スポーツ庁WEB広報マガジン”Deportare” )(※広報用ホームページが別ウィンドウで開きます)

コロナ時代の新たなチャレンジ!デジタルを活用した武道ツーリズムの最前線に迫る

コロナ禍から反転攻勢に向けた「武道ツーリズム」

武道演武 BUDO DEMONSTRATION

武道ツーリズム~弓道×茶道×禅 金沢版~

武家文化と武道に触れる「金沢武道ツーリズム」

訪日外国人が注目!日本でしか体験できない「武道ツーリズム」の現場をレポート

~「BUDO Tourism Japan - The Spirits of BUDO」~

お問合せ先

スポーツ庁参事官(地域振興担当)付

(スポーツ庁参事官(地域振興担当)付)