特別展示

エントランス

現在のところ、特別展示情報はありません。

企画展示室

【文京学院大学の企画展示】

開催期間
令和2年7月1日(水曜日)~ 令和2年8月21日(金曜日)
実施機関
文京学院大学別ウィンドウで開きます
テーマ
「見て理解できるインフォグラフィックを活用した課題解決型社会貢献活動の展開」

展示背景・概要

文京学院大学では、次世代のマネジメント技術といわれる“可視化する能力”のなかでも核の一つとなる「ビジュアルシンキング」関連のカリキュラムを平成28年から経営学部で導入しています。「ビジュアルデザイン」「ビジュアル・シンキング」「ビジュアルデザイン制作」「インフォグラフィック制作」等の科目を設置することで、ビジュアルによる“分かりやすさ”“説得力”をビジネスの情報伝達手段として使いこなせる人材育成を目指しています。特に情報の見える化として注目される「インフォグラフィック」を通して、ビジュアル(視覚)によるコミュニケーション(伝達)とは何かをテーマに、“デザインの果たす役割”について研究しています。

今回の展示では、経営学部にビジュアルシンキングを導入した背景から、授業の展開、学生の作品を紹介するとともに、本学が設置する4つの学部(外国語学部・経営学部・人間学部・保健医療技術学部)が持つ知見と融合することで、本学の特色ある取組を生み出したインフォグラフィックを活用し制作・発表しているリーフレット及び映像を通して、現代の様々な社会課題の解決において、デザインの果たす役割を紹介します。

【主な展示物】
○実物展示
  • 外国人向け地震防災マニュアル
  • 合理的配慮企業向け職場用実践リーフレット「WiTH」
  • 産後うつ予防啓発リーフレット「ママから笑顔がきえるとき」
  • 作業療法リハビリ啓発リーフレット「私がわたしのままで過ごすために」
○映像
  • 外国人向け地震防災マニュアル
  • 産後うつ予防啓発動画「ママから笑顔がきえるとき」
○パネル
  • なぜ、文京学院大学経営学部は「Visual Thinking Strategies」に注目したのか?
  • なぜ、文京学院大学経営学部が「Visual Thinking」を導入したのか?
  • 文京学院大学経営学部が開講した科目「Visual Thinking」とは?
  • 文京学院大学経営学部が開講した科目「Info Graphic」とは?
企画展示:文京学院大学1
企画展示:文京学院大学2

【恵泉女学園大学の企画展示】

開催期間
令和2年7月1日(水曜日)~ 令和2年8月21日(金曜日)
実施機関
恵泉女学園大学別ウィンドウで開きます
テーマ
「女性の「生涯就業力」を磨く実体験学習―地域へ、世界へ視野を広げて」

展示背景・概要

恵泉女学園大学では、生涯にわたって自分らしく生きる目標を忘れず、身近な大切な人、地域・社会のために尽くして生き続ける力=「生涯就業力」を磨くことを教育活動の主軸として掲げています。それにあわせて「恵泉女学園大学で身につけるべき20の力」を示し、様々なプログラムで成長実感を得られるようにカリキュラムを組んでいます。

文部科学省インターンシップ表彰・選考委員会特別賞受賞プログラムにもなったタイ長期フィールドスタディプログラムは、知識・理解力のほか課題解決力・自律学習力などが学生自身の成長実感として挙げられてきました。また、事後学習ではコミュニケーション力、柔軟性、多文化理解力プログラム主体的実行力や情報収集力、計画力などが挙げられ、その後の学生生活、就職活動準備に役立っています。

今回の展示ではそのような教育効果のあるプログラムを紹介します。

【主な展示物】
○実物展示
  • 卒業生の生涯就業力の冊子(2種)
○映像
  • タイ長期フィールドスタディ参加学生作成動画(平成24(2012)年〜平成30(2018)年度)及び体験学習室作成動画(「ヒンラートノク村のコーヒー」、「タイ長期フィールドスタディの様子」など)
○パネル
  • 「生涯就業力」について
  • タイ長期フィールドスタディの流れ
  • タイ長期フィールドスタディ全体像(つながりと体系性)
  • タイ長期フィールドスタディ受入先と報告書タイトル一覧 など
企画展示:恵泉女学園大学1
企画展示:恵泉女学園大学2