エントランス

【エントランス:信州大学】

開催期間
令和4年11月10日(木)~12月23日(金)
実施機関
信州大学
テーマ
「ナノファイバーは産業構造を変える。」

展示背景・概要

ナノファイバーは1本の太さが約100nm(ナノメートル)以下、髪の毛の500分の1程度の細さという極細繊維。従来のマイクロファイバーに比べて高比表面積、高空隙率、軽量、微細な孔径、薄さ、滑らかさなどの特徴があり、疎水性(撥水)や親水性(高吸水性)、透過性に優れるなど高機能性を誇ります。

信州大学先鋭領域融合研究群 国際ファイバー工学研究拠点の金翼水教授は2008年に世界初となるナノファイバーの大量生産プラントの開発に成功、その後テキスタイルでは有名ブランドにも採用され、メディカル、電気・電子分野、さらに農業分野、自動車産業、次世代電池の分野にまで幅広く社会実装が進み、2022年にはコロナ禍に貢献したナノファイバーマスクの実用化で文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)を受賞しました。

この展示では多面的な広がりを見せるナノファイバー研究の中でも、産学連携に特化した製品群を展示し、社会実装の成果としてご覧いただきます。

【主な展示物】
○実物展示
  • ナノファイバー使用の製品各種
○映像
  • ナノファイバーストーリー
○パネル
  • ナノファイバーの特徴と社会実装領域の広がり
エントランス:信州大学1
エントランス:信州大学2

【エントランス:国立研究開発法人日本原子力研究開発機構】

開催期間
令和4年11月10日(木)~12月23日(金)
実施機関
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
テーマ
「2050年カーボンニュートラルの実現へ向けて~原子力水素が拓く水素社会~」

展示背景・概要

我が国が宣言した2050年カーボンニュートラル実現に向け、原子力は化石資源を使用しない安定的電力供給や非化石資源由来の水素製造などで貢献が可能です。

高温ガス炉は、被覆燃料粒子、黒鉛構造材、ヘリウムガス冷却材を用いることで物理的特性による炉心溶融を起こさない設計が可能など優れた安全性を発揮する次世代原子炉です。

原子力機構は、高温ガス炉の実用化に向け、高温ガス炉の試験研究炉HTTRを建設以降、基盤技術を開発・実証するとともに、様々な異常状態を模擬した試験を通して安全性の実証を進めてきました。2011年から長期間運転停止していましたが、HTTRの優れた安全性が原子力規制委員会に認められ2020年6月に原子炉設置変更許可を取得、2021年には運転の再開を果たしました。

グリーン成⾧戦略では、高温ガス炉による水素製造に係る要素技術を確立する目標が示され、原子力機構と三菱重工業株式会社は、経済産業省資源エネルギー庁の委託事業「超高温を利用した水素大量製造技術実証事業」を受託し、HTTRを用いた水素製造事業を開始しました。本事業では、高温ガス炉と水素製造施設の高い安全性を実現する接続技術を確立し、2030年までに水素製造を実証する計画です。これと並行して、高温熱を利用して高温ガス炉に適した化学反応により水を分解して水素を製造する技術の開発に取り組んでいます。

本企画展示では、これら高温ガス炉の概要とカーボンニュートラルに向けた原子力機構の取り組みについて紹介します。

【主な展示物】
○実物展示
  • HTTRの被覆燃料粒子 / 燃料棒 / 黒鉛製燃料体 (炉心部) の模型
  • 将来の水素タウンのジオラマ
○映像
  • カーボンニュートラル実現への架け橋 <HTTRを用いた熱利用技術の開発>
○パネル
  • 高温ガス炉の概要と優れた安全性
  • 我が国の高温ガス炉の開発
  • 海外でも進む高温ガス炉の開発計画
  • カーボンフリー水素製造技術の開発
エントランス:国立研究開発法人日本原子力研究開発機構1
エントランス:国立研究開発法人日本原子力研究開発機構2

企画展示室

現在のところ、展示情報はありません。