ここからサイトの主なメニューです

学校における食育の推進・学校給食の充実

 近年、偏った栄養摂取、朝食欠食など食生活の乱れや肥満・痩身傾向など、子どもたちの健康を取り巻く問題が深刻化しています。また、食を通じて地域等を理解することや、食文化の継承を図ること、自然の恵みや勤労の大切さなどを理解することも重要です。
 こうした現状を踏まえ、平成17年に食育基本法が、平成18年に食育推進基本計画が制定され、子どもたちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けることができるよう、学校においても積極的に食育に取り組んでいくことが重要となっています。
 文部科学省では、栄養教諭制度の円滑な実施をはじめとした食に関する指導の充実に取り組み、また、学校における食育の生きた教材となる学校給食の充実を図るため、より一層の地場産物の活用や米飯給食の充実を進めています。


【食育基本法・食育推進基本計画】

食育基本法・食育推進会議
(※共生社会政策統括官食育推進ホームページへリンク) 

食育推進基本計画
(※共生社会政策統括官食育推進ホームページへリンク) 

【栄養教諭関係】

栄養教諭制度について
(※栄養教諭制度についてへリンク) 
栄養教諭配置状況
 
栄養教諭課程認定大学について
(※現在、教員免許資格を取得することのできる大学は?へリンク) 

お問合せ先

スポーツ・青少年局学校健康教育課

(スポーツ・青少年局学校健康教育課)

-- 登録:平成21年以前 --