GIGAに慣れる―導入にあたって

1-⑥
短時間の積み重ねでスキルアップ

校種・学年 小学校以上
活用の概要  キーボード入力やICT端末の操作方法、各種ソフトの使い方などの練習を、朝の時間や隙間の時間を使って行っている。 
 全校的な取組として、全職員が関りながら実施することで、児童生徒のICT端末の操作スキルを高めることができた。
準備するもの ・タイピングソフト(ブラウザ上で無償利用可能)
・文書作成ソフト(OS標準)
・プログラミングソフト(ブラウザ上で無償利用可能)
  • 各学年で活用できそうな
    スキルアップメニューを設定
  • 帯時間で習熟
  • ICT端末の活用に必要なスキルの向上

画像拡大表示

【1年生】基本操作説明

画像拡大表示

【1年生】カメラで撮影→画像貼付

画像拡大表示

【2年生】基本操作習得

画像拡大表示

【2年生】画像挿入→画像編集

画像拡大表示

【3年生】無料サイトでタイピング練習

画像拡大表示

【4年生】無料サイトでタイピング練習

画像拡大表示

【5年生】無料サイトでタイピング練習

画像拡大表示

【5年生】文書作成ソフトを活用した学習のまとめ

画像拡大表示

【6年生】無料サイトでタイピング練習

画像拡大表示

【6年生】プログラミングサイトで、自己紹介のアニメーション作り
 毎週1回、15分間実施。タイピング練習では、3分間で入力できる文字数を目標に設定している。5年生は80文字程度、6年生は100文字程度という目標に向けて、各自が具体的な目標を立てて取り組んでいる。

アドバイザーからのコメント

 週に1度の帯学習で、キーボード入力や基本操作を楽しみながら学ばせ、ICT活用のスキルアップを図っています。各学年で活用できそうな操作スキルの習得を学校全体で取り組むことにより、今後、教科等の学習活動の中で活用できるようにしていきます。