GIGAに慣れる―使ってみよう

1-⑭
毎日の記録を手軽にグラフ化

校種・学年 小学校3学年以上
活用の概要  日々記録されるさまざまなデータを手軽にグラフ化できることがICTの便利なところ。数値が可視化されると、変化の読み取りや把握がしやすくなる。
 家庭学習の取組時間をはじめ、学級アンケート、体育の縄跳びの回数、理科の実験結果など、グラフにするとより分かりやすくなる場面を児童生徒と一緒に考えていくことで、情報を見やすく工夫するよさを捉えていくことができる。
準備するもの 表計算ソフト(OS標準)
  • 日々のデータを入力
  • 見やすくグラフ化
  • グラフの変化等を基に定期的に振り返り

画像拡大表示

表計算ソフトで情報を入力して、自動で数値が可視化されるようにした。
①数値の選択、②グラフの作成
というように、標準機能の範囲ですぐにできるようにした。

画像拡大表示

アドバイザーからのコメント

 入力した数値が一瞬でグラフになったり、整理できたりすることが表計算ソフトの便利なところです。
 グラフの変化などに着目して、今の自分の学習状況や、次にどうすべきかを考えていけるようにすることで、自律的に考えていくことができます。