GIGAに慣れる―使ってみよう

1-⑩
画面表示の工夫

校種・学年 小学校以上
活用の概要  図書やインターネットから集めた情報をまとめる際、ICT端末の画面を二分割したり、ウェブブラウザのタブ機能を活用したりすると、さまざまな情報を参照しやすくなる。
 OSのさまざまな機能を知り、活用することで、効率的に学習を進めることができるようになる。
準備するもの ・ウェブブラウザ
・デジタルホワイトボードソフトなど(OS標準)
  • 情報収集に必要なアプリやソフトを開く
  • 情報を効率的に参照する工夫を考える
集めた情報を整理したり、関連性を考えたりする場面では、複数の画面を上手に参照することができると作業効率が向上する。最初は2つの画面を見比べる練習をするなど、段階的に使いやすさを工夫できるようにした。

アドバイザーからのコメント

 机の上を整理整頓したり、ノートに情報をまとめるときのレイアウトを考えたりする時のように、ICT端末の画面を分けて操作することで、参照しやすくなります。画面いっぱいに最大化して作業を行う場合、分けて相互に見比べながら作業を行う場合など、目的や課題に合わせて工夫ができるようになると、作業効率がアップします。