令和2年度「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」選定の結果について

 スポーツ庁及び経済産業省では、まちづくりや地域活性化の核となるスタジアム・アリーナの実現を目指す「スタジアム・アリーナ改革」に取り組んでおり、2025年までに20拠点を実現することとしています。
 この度、スポーツ庁及び経済産業省は、モデルとなる対象施設の第一弾として、「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」を以下の通り選定しました。選定した拠点に対しては重点的なサポートを行っていくとともに、2025年まで毎年、選定を行っていく予定です。
 なお、選定されたスタジアム・アリーナの詳細や選定を記念したイベント等については、詳細が決まり次第、発表します。

<多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ>
➣「運営・管理段階」又は「設計・建設段階」の施設(※)
1.ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールドHOKKAIDO)【北海道北広島市】
2.FLAT HACHINOHE【青森県八戸市】 
3.横浜文化体育館【神奈川県横浜市】 
4.桜スタジアム(大阪市立長居球技場)【大阪府大阪市】
5.東大阪市花園ラグビー場【大阪府東大阪市】
6.ノエビアスタジアム神戸(神戸市御崎公園球技場)【兵庫県神戸市】
7.FC今治新スタジアム【愛媛県今治市】
8.ミクニワールドスタジアム北九州(北九州スタジアム)【福岡県北九州市】
9.SAGAアリーナ【佐賀県佐賀市】

➣「構想・計画段階」の施設
1.アイシンアリーナ(仮称)【愛知県安城市】
2.長崎スタジアムシティプロジェクト【長崎県長崎市】

(※未来投資戦略(平成二十九年六月九日閣議決定)において、2025年までに実現するとしている20拠点の施設は「管理・運営段階」又は「設計・建設段階」の施設としています。)

 

お問合せ先

参事官(民間スポーツ担当)付 産業連携係

電話番号:03-5253-4111(内線3944)

 

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(参事官(民間スポーツ担当))