ここからサイトの主なメニューです

旧小学校舎を活用した官民共働型スタートアップ施設「FUKUOKA GROWTH NEXT(fgn.)」を視察

12月20日(日曜日)
教育・科学技術

  12月20日、萩生田大臣は、福岡市を訪れ、高島市長にご案内いただきながら「FUKUOKA GROWTH NEXT (フクオカ グロース ネクスト)」を視察するとともに、関係者と意見交換を行いました。

  本施設は、旧福岡市立大名小学校の校舎を活用した官民共働型スタートアップ支援施設で、旧教室を仕切ったオフィスやイベントスペースなどの提供の他、起業家の育成、マッチング、資金調達支援等、スタートアップ企業や第二創業の支援を一体的に行っています。
  萩生田大臣は、九州大学発ベンチャー「KAICO株式会社」の大和社長と、九州大学医学部学生であり、九大起業部の第一号ベンチャーである「メドメイン株式会社」の飯塚社長より事業紹介いただくとともに、九州大学の石橋総長より、同大学の取組についてご説明いただき意見交換しました。

  萩生田大臣は、視察後記者団に対し、fgn.を拠点とする、関係者の熱意あふれる取組に心から敬意を表したいと述べるとともに、
「文部科学省としても、大学や企業等との連携が深まり、ベンチャー企業が生まれやすい環境を創出していくことが重要であると考えており、補正予算で人材育成を含む大学等の環境整備のための事業を創設するなど、総合的に支援を進めてまいります。あわせて地方創生の観点から、地域の国立大学が果たす役割を見直して地域の活性化に繋げていこうと政府全体で取り組んでおり、高島市長には是非リーダーシップを発揮していただき、九州大学の石橋総長と連携しながら福岡ならではの取組をスタートして欲しいとお願いしました。」
と更なる取組の展開に期待を示しました。

※FUKUOKA GROWTH NEXT(fgn.)についてはこちら
https://growth-next.com/別ウィンドウで開きます

※同日北九州市で開催され、萩生田大臣が出席した2021年東アジア文化都市の宣布式についての投稿はこちら
https://www.mext.go.jp/b_menu/activity/detail/2020/20201220.html