学びの保障オンライン学習システム(MEXCBT)について

  文部科学省では、緊急時における「学びの保障」の観点から、児童生徒が学校や家庭において、国や地方自治体等の公的機関等が作成した問題を活用し、学習やアセスメントができるCBT(Computer Based Testing)システムである「学びの保障オンライン学習システム(MEXCBT:メクビット)」のプロトタイプを開発し、令和2年度・3年度で延べ14万人の小・中・高等学校の児童生徒が活用する実証研究を行ってきました。
令和3年度にシステムの機能の改善・拡充や問題の追加等を行い、希望する全国の学校で活用できるように取組を進めているところです。

(自治体・学校関係者への最新情報)

  ※HP掲載の都合上、一部内容を修正しています。


MEXCBT(機能拡充版)の活用募集
10月15日付でメール送付しました事務連絡の通り、
11月下旬より、MEXCBT(機能拡充版)の活用が可能となりますので、活用校を募集いたします。

【概要】
(1)MEXCBT(機能拡充版)の活用募集について
MEXCBTは、児童生徒が学校や家庭において、国や地方自治体等の公的機関等が作成した問題を活用し、オンライン上で学習やアセスメントができるCBT(Computer Based Testing)システムです。MEXCBT(機能拡充版)は、これまで約14万人の児童生徒が活用してきたMEXCBT(プロトタイプ版)の実証研究を踏まえて、システムの機能の拡充や問題の追加等を行ったものです。なお、教員や児童生徒にとってより便利に活用いただけるための機能改善や問題の追加等は年度内も順次行います。
(2)利用対象校
MEXCBTの活用を希望する全国の小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校
(3)費用
無償で活用可能
(4)利用開始時期
11月下旬から順次活用開始(~令和4年3月末)
(5)利用申し込み開始時期・方法
11月1日(月)より受付を開始いたします。詳細の申し込み手続き等については、追って本ページに掲載いたします。

また、MEXCBTを御検討いただく際の参考にしていただけるよう、MEXCBTの概要、活用方法やMEXCBTの窓口となる学習eポータル、
申し込み手続き等に関して、11月1日(月)13時から、学校設置者や学校担当者向けのオンライン説明会を開催しますので、10月15日付事務連絡に記載のURLより御視聴いただければと思います。
説明会の資料ついては、以下の通りです。

(11月1日説明会資料)

(その他)
・MEXCBT(機能拡充版)に掲載する問題の募集 【随時募集中】
MEXCBT(機能拡充版)に掲載する、地方自治体等が作成した学力調査問題等の募集を行っています。
 問題提供に関心のある場合は、担当(kyoikudx@mext.go.jp)までご連絡ください。

・地方自治体の学力調査等のCBT化の検討【随時相談受付中】
 将来的には、地方自治体が希望する場合、MEXCBTを地方自治体独自の学力調査等に活用できるようにすることを検討中です。
 地方自治体が独自に実施している学力調査等のCBT化を検討している場合は、担当(kyoikudx@mext.go.jp)まで幅広くお問合せください。

(これまでの連絡等)

(事務連絡:7月1日付)

※HP掲載の都合上、一部内容を修正しています。

(7月21日開催説明会資料)

(7月21日説明会でのFAQ)

お問合せ先

総合教育政策局調査企画課教育DX推進室
初等中等教育局初等中等教育企画課学びの先端技術活用推進室

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

自治体ピッチ紹介ページ GIGAスクール対応パッケージ情報 詳細はこちら

studx style

ICT活用教育アドバイザー

(初等中等教育局初等中等教育企画課学びの先端技術活用推進室)