幼保小の架け橋プログラム

 「幼保小の架け橋プログラム」は、子供に関わる大人が立場を越えて連携し、架け橋期(義務教育開始前後の5歳児から小学校1年生の2年間)にふさわしい主体的・対話的で深い学びの実現を図り、一人一人の多様性に配慮した上で全ての子供に学びや生活の基盤を育むことを目指すものです。
 文部科学省では、令和4年度から3か年程度を念頭に、全国的な架け橋期の教育の充実とともに、モデル地域における実践を並行して集中的に推進していくこととしています。

幼保小の架け橋プログラムの実施に向けての手引き(初版)等について

 幼児教育の質的向上及び小学校教育との円滑な接続について専門的な調査審議を行うため、令和3年7月、中央教育審議会初等中等教育分科会の下に、「幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会」が設置され、令和4年3月に審議経過報告が取りまとめられました。
 審議経過報告では、目指す方向性として「幼保小の架け橋プログラム」の実施等が示され、本プログラムを実施にあたって「幼保小の架け橋プログラムの実施に向けての手引き(初版)」と「幼保小の架け橋プログラムの実施に向けての手引きの参考資料(初版)」が策定されました。

幼保小の架け橋プログラムの実施に向けての手引き(初版)等に関する動画

 文部科学省では、幼保小の関係者において手引き等を活用しながら「幼保小の架け橋プログラム」を実施いただけるよう、手引き等に関する理解を深めるための動画を作成しております。
 今後も手引き等に関する理解を深めるための動画を随時作成いたしますので、幼児教育と小学校教育の接続に関する自治体における研修、園や学校内での研修等の機会にぜひご活用ください。
(※下記はいずれも文部科学省YouTubeチャンネルにリンクいたします。)

幼保小の架け橋プログラムに期待すること(動画)

 中央教育審議会初等中等教育分科会「幼児教育と小学校教育の架け橋特別委員会」における幼保小の架け橋プログラムの議論に携わっていただいた委員の方々等より、幼保小の架け橋プログラムへの思いや期待すること、進めるに当たって配慮すること等についてお話しいただいた動画です。
 「幼保小の架け橋プログラムの実施に向けての手引き(初版)について」の動画と併せて、ぜひご覧ください。
(※下記はいずれも文部科学省YouTubeチャンネルにリンクいたします。)

幼保小の架け橋プログラム事業

 「幼保小の架け橋プログラム」について、令和4年度からの3年間、架け橋期のカリキュラムの開発や実施等に取り組む19の自治体を採択いたしました。また、採択された自治体における取組状況や成果等に関する調査研究も併せて実施いたします。

参考資料

お問合せ先

初等中等教育局幼児教育課

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。