量子技術(Quantum Technology)

 量子科学技術(光・量子技術)は、例えば、近年爆発的に増加しているデータの超高速処理を可能とするなど、新たな価値創出の中核となる強みを有する基盤技術であり、欧米等では「第2次量子革命」と謳うたい、量子科学技術に関する世界的な研究開発が激化している。また、米欧中を中心に海外では、「量子技術」はこれまでの常識を凌駕し、社会に変革をもたらす重要な技術と位置付け、政府主導で研究開発戦略を策定し、研究開発投資額を増加している。さらに、世界各国の大手IT企業も積極的な投資を進め、ベンチャー企業の設立・資金調達も進んでいる。こうした量子科学技術の先進性やあらゆる科学技術を支える基盤性と、国際的な動向に鑑み、政府は令和2年1月、統合イノベーション戦略推進会議の下、短期的な技術開発にとどまらず、産業・イノベーションまでを念頭に置き、かつ10から20年の中長期的な視点に立った新たな国家戦略として、「量子技術イノベーション戦略」を策定した。同戦略では、(1)生産性革命の実現、(2)健康・長寿社会の実現、(3)国及び国民の安全・安心の確保を将来の社会像として掲げ、その実現に向けて、「量子技術イノベーション」を明確に位置付け、日本の強みを活かし、(1)重点的な研究開発、(2)国際協力、(3)研究開発拠点の形成、(4)知的財産・国際標準化戦略、(5)優れた人材の育成・確保を進めることとしている。

 Quantum  science  and  technologies  (optical  and  quantum  technologies)  are  generic  technologies  that  can become the core of  new value creation, which include ultra-high–speed processing of  data that have been  increasing  explosively  in  recent  years.    
In  Western  and  other  countries  global  R&D  on  optical  and  quantum  technologies  has  been  intensifying  under  the  catch  phrase  of   “the  2nd  Quantum  Revolution.”  Overseas,  in  the  US,  Europe  and  China,  in  particular,  position  “quantum  technology”  is  viewed  as  an  important  technology  that  will  defy  the  common  wisdom  and  change  society.  Their  governments  have  formulated R&D strategies and increased R&D investments. Leading IT companies in the world are also making rigorous investments while venture companies have been established and raising funds. In  view  of   the  technology’s  innovativeness,  its  likelihood  to  become  the  foundation  of   all  science  technologies  and  international  trends,  through  the  Meeting  to  Promote  Comprehensive  Innovation  Strategy  the  government  formulated  “Quantum  Technology  Innovation  Strategy”  in  January  2020  as  a  new  national  strategy  beyond  short-term  technology  development,  from  the  medium  to  long-term  perspective of  10 to 20 years with a view to industry and innovation. The strategy sets as future society goals  (1)  productivity  revolution,  (2)  longevity  of   a  healthy  society  and  (3)  safety  and  security  of   the  country and the people. “Quantum technology innovation” was clearly positioned for their realization and (1) focused R&D, (2) international cooperation, (3) formation of  R&D centers, (4) intellectual property and standardization  strategies,  and  (5)  development  and  securing  of   excellent  human  resources  will  be  promoted by using Japan’s strengths.

・量子技術イノベーション戦略(Quantum Technology and Innovation Strategy)

・量子技術に関する政府の会議

(1)量子技術イノベーション会議(外部ウェブサイトへリンク)

(2)量子科学技術委員会

・量子技術関連予算

・量子技術イノベーション拠点(Quantum Technology Innovation hubs)

 量子技術イノベーション創出に向け国内外から人や投資を呼び込む「顔の見える」拠点形成の本格化が進み、基礎研究jから技術実証、人材育成に至るまで産学官で一気通貫で取り組んでいます。

 (1)量子技術イノベーション拠点(外部ウェブサイトへリンク)
    <Quantum Technology Innovation Hubs> (Links to external website)

・量子技術関連事業

(1)光・量子飛躍フラッグシッププログラム<Q-LEAP>(外部ウェブサイトへリンク)
  <MEXT - Quantum Leap Flagship Program <MEXT Q-LEAP>>(Links to external website)

(2)共創の場形成支援プログラム(外部ウェブサイトへリンク)

(3)未来社会創造事業(外部ウェブサイトへリンク)
     <JST-Mirai Programs>(Links to external website)

(4)戦略的創造研究推進事業(外部ウェブサイトへリンク)
     <Strategic Basic Research Programs>(Links to external website) 

(5)ムーンショット目標6 2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現(外部ウェブサイトへリンク) 
      <Moonshot Goal #6 Realization of a fault-tolerant universal quantum computer that will revolutionize economy, industry, and security by 2050.>(Links to external website)

(6)戦略的イノベーション創造プログラム<SIP>(外部ウェブサイトへリンク)

・量子技術に関する国際協力

 (1)文部科学省/米国エネルギー省(DOE)間の、量子情報科学に関するProject Arrangementの署名について

 

お問合せ先

科学技術・学術政策局研究開発基盤課量子研究推進室

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。