ここからサイトの主なメニューです

日本ユネスコ国内委員会

ユネスコ科学局(Science Sector:SC)の活動

 自然科学分野(ユネスコ科学局)では、主に次の事業を行っています。

1  科学、環境及び持続可能な開発
 
1  水による相互作用:危機に瀕するシステム及び社会的挑戦
2  持続可能な開発のための環境及び地球科学
3  政府間海洋学委員会(IOC)
2  持続可能な開発のための科学技術分野における能力開発
 
1  基礎及び工科学、再生可能なエネルギーと災害の軽減
2  持続可能な開発のための科学技術政策
3  ユネスコ附設の科学関係機関
  (水教育研究所(IHE)、理論物理国際センター(ICTP))の行う事業
 
4  局間横断的事業(他局と共通)
 
1  貧困、とりわけ極貧(1日の生活費が1米ドル以下)の削減
2  教育、科学、文化の発展及び知識社会の構築のための情報・コミュニケーション技術(ICT)への貢献

 上記の事業を実施するために、ユネスコ本部科学局(SC)には次の部課が置かれています。

基礎科学・工科学部(SC/BES)
 
数学・物理・化学課(SC/BES/MPC)
生命科学課(SC/BES/LSC)
工科学・技術科学課(SC/BES/EST)
災害軽減課(SC/BES/DIS)
 
©UNESCO/Inez Forbes
環境・地球科学部(SC/EES)
 
宇宙観測及び地球科学における能力開発課(SC/EES/OBS)
水科学部(SC/HYD)
 
水文学プロセス・気象課(SC/HYD/HPC)
持続的な水資源管理課(SC/HYD/SWR)
世界水アセスメント課(SC/HYD/GWA)
科学政策・持続的開発部(SC/PSD)
 
科学政策編成課(SC/PSD/SP)
沿岸地域及び島嶼開発途上国の持続的開発課(SC/PSD/CSI)
科学政策研究・情報課(SC/PSD/POS)
持続的可能な開発のための教育の10年調整課(SC/PSD/DCU)
 
©UNESCO/Marta Banucci
沿岸地域及び島嶼プラットフォーム(SC/CSI)
 
©UNESCO/Michel Claude
政府間海洋学委員会事務局(IOC)
   【独自の総会、執行委員会を持つ】
 
海洋科学課(IOC/OS)
運用観測システム課(IOC/OOS)
   【世界海洋観測システムプロジェクト(GOOS)オフィス】
海洋サービス課(IOC/OSS)
能力開発課(IOC/CBS)
IOC事務局長官房(IOC/ADG)
 
©UNESCO/Dominique Roger
事務部(SC/EO)

5  ユネスコ関係賞・フェローシップの付与
詳しくは、こちらをご覧ください。

-- 登録:平成21年以前 --