スポーツによる地域・経済の活性化

~「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」 大賞・長官賞決定~

大賞はサイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道」!
スポーツ庁長官賞は「世界遺産姫路城マラソン」に決定!!

スポーツ庁、文化庁、観光庁では、スポーツや文化芸術資源の融合により、新たに生まれる地域の魅力を国内外に発信し、訪日観光客の増加や国内観光の活性化を図るための取組を、「スポーツ文化ツーリズム」として三庁の政策連携において推進しています。
今後、この取組が各地において定着し、2020年までに訪日外国人4,000万人という政府目標に寄与するような魅力あるコンテンツを生み出すべく、「スポーツ文化ツーリズム」をテーマとした国際シンポジウムを3月16日(木曜日)に開催いたしました。
この中で「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」表彰式も開催し、同アワードの大賞等に選ばれた団体に対して、三庁の長官が表彰しました。

「スポーツ文化ツーリズムアワード2016」受賞団体
○大賞:サイクリストの聖地「瀬戸内しまなみ海道」を核としたサイクルツーリズム(瀬戸内しまなみ海道振興協議会)
〇スポーツ庁長官賞:世界遺産姫路城マラソン(兵庫県姫路市)
〇文化庁長官賞:スポーツ流鏑馬大会(青森県十和田市)

10選団体代表者       

                                                                            
また、国際シンポジウムプログラムの「クロストークセッション」では、「海外から見た、日本のスポーツ文化スポーツツーリズム スポーツ・文化・観光の融合と、地域の可能性」と題して スポーツ・文化・観光、地域振興の各分野の有識者をゲストに迎え、国内の取組に対する課題やインバウンド対応、地域振興の可能性について討論されました。

お問合せ先

スポーツ庁参事官(地域振興担当)

(スポーツ庁参事官(地域振興担当))

-- 登録:平成30年07月 --