特別展示

企画展示室

【弘前大学の企画展示】
開催期間平成28年12月1日(木曜日)〜 平成29年3月21日(火曜日)(予定)
実施機関弘前大学
テーマ「弘前大学の被ばく医療教育・研究及び福島復興への取り組み」
展示背景・概要
 弘前大学は、東日本大震災以前より文部科学省の支援を受け、被ばく医療体制の整備、被ばく医療に関わる教育・研究並びに人材育成に取り組んできました。
 平成27年度には、国から原子力災害に対応する施設として「高度被ばく医療支援センター」及び「原子力災害医療・総合支援センター」の指定を受け、弘前大学が取り組んできた被ばく医療での活動は更に重要になっています。
 平成28年度からの大学全体の計画においても、この活動は3つの戦略の1つとして引き続き重点的に取り組むこととしており、この取り組みの足跡とこれからの展開について広く御紹介します。
【主な展示物】
○実物展示
  • 放射線計測機器
○パネル
  • 研究紹介展示パネル
弘前大学の企画展示の写真1 弘前大学の企画展示の写真2
【京都大学の企画展示】
開催期間平成28年12月1日(木曜日)〜 平成29年3月21日(火曜日)(予定)
実施機関京都大学
テーマ「教室で使えるデジタル立体地球儀で見る最新の地球・宇宙科学の成果」
展示背景・概要
 京都大学では、デジタル立体地球儀システムを情報通信研究機構、宇宙航空研究開発機構、静岡大学と共同で開発しました。従来の平面のスクリーンでは、地球などの天体は歪んだ形で表示されましたが、このシステムでは球面スクリーンを用いることで、地球・月・惑星などを正しい形で表示し、実感を持って見ることができます。またこのシステムは通常のパソコンとプロジェクターがあれば使えるため、学校の教室でも簡単に活用できます。
 本展示ではこのデジタル立体地球儀システムを使って金星探査機「あかつき」、月周回衛星「かぐや」、気象衛星「ひまわり」、陸域観測技術衛星「だいち」の最新の観測結果などを展示します。
【主な展示物】
○実物展示
  • デジタル立体地球儀:壁掛け型(直径90cmの球面スクリーン)
  • デジタル立体地球儀:卓上型(直径20cmの球面スクリーン)
  • パネル展示:デジタル立体地球儀(ダジック・アース)についての解説
京都大学の企画展示の写真1 京都大学の企画展示の写真2
【沖縄科学技術大学院大学の企画展示】
開催期間平成28年12月1日(木曜日)〜 平成29年3月21日(火曜日)(予定)
実施機関沖縄科学技術大学院大学
テーマ「真に学際的な研究を基盤に-沖縄の地の利をいかした3つの研究プロジェクトを紹介-」
展示背景・概要
 OIST(沖縄科学技術大学院大学)で行われている約50の基礎研究の中から、OISTならではの、多岐分野にわたる学際的で、また沖縄の特色をいかした研究例として、「ゲノム解析で沖縄の海洋生物多様性を解き明かす」、「持続可能な生活の実現」、「沖縄産難消化米で生活習慣病予防を目指す」の3つのプロジェクトについて、ポスターパネルや映像、サンプルの展示などを用いて分かりやすく御紹介します。また、OISTのユニークな博士課程プログラムを御紹介します。
【主な展示物】
○実物展示
  • OISTマリンゲノミックスユニット「ゲノム解析で沖縄の海洋生物多様性を解き明かす」
  • OIST統合オープンシステムユニット「持続可能な生活の実現」
  • OIST植物エピジェネティクスユニット「沖縄産難消化米で生活習慣予防を目指す」
○動画
  • OISTイントロダクション、オープンエネルギーシステム
沖縄科学技術大学院大学の企画展示の写真1 沖縄科学技術大学院大学の企画展示の写真2
【秋田県立大学の企画展示】
開催期間平成28年12月1日(木曜日)〜 平成29年3月21日(火曜日)(予定)
実施機関秋田県立大学
テーマ「ものづくりコンテストによるイノベーション創出の試み」
展示背景・概要
 近年、3Dプリンタや3Dスキャナといった新しいものづくりのツールが比較的安価に手に入るようになり、誰でも気軽にものづくりが行えるようになりました。そこで、秋田県立大学では、ものづくりを主体としたコンテストを開催し、「学生の自由な発想」を形にして、学生発のイノベーションの創出に挑戦しています。本展示では、学生の作製した作品を展示するほか,動画を用いてコンテストの活動を御紹介します。
【主な展示物】
○実物展示
  • LED BALL(中国経済産業局長賞受賞)
  • 猫舌カップ(秋田県電子工業振興協議会長賞受賞)
  • LEDキューブ
  • Chameleon Box
○動画
  • 秋田県立大学ものづくりコンテスト活動紹介
秋田県立大学の企画展示の写真1 秋田県立大学の企画展示の写真2

文化展示室

開催期間平成28年3月29日(火曜日)〜 常設展示
テーマ文化庁買上優秀美術作品
展示背景・概要
 文化庁では、芸術家の創作意欲を高めるとともに、美術界の発展に資するため、創作活動において新生面を拓(ひら)き、将来性があると認められる作家の優秀作品を買い上げる「文化庁優秀美術作品買上事業」を行ってまいりました。平成18年度をもって本事業は終了いたしましたが、40年以上の長きにわたり収集を続けてきた作品群は370点にのぼり、日本の戦後美術の一面を表すコレクションとなっております。
 この常設展示では、現在、文化庁で所蔵している作品の中から、随時その一部を紹介してまいります。
【展示作品】(平成28年3月29日(火曜日)〜)
  • 『湿り気に濡れる』(金田実生)
  • 『朝の記憶』(古谷博子)
  • 『specimens of time』(黒木美希)
  • 『My sketch book』(吉原英里)
文化庁買上作品

科学技術・学術展示室

・現在、特別展示はありません。

エントランス

【企画展示:弘前大学】
開催期間平成28年11月1日(火曜日)〜平成28年12月21日(水曜日))
実施機関弘前大学
テーマ認知症・生活習慣病研究とビッグデータ解析の融合による画期的な疾患予兆発見の仕組み構築と予防法の開発
展示背景・概要
 弘前大学では、文部科学省「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」拠点として採択され、過去11年間にわたる「岩木健康増進プロジェクト(大規模健診)」で蓄積してきた膨大な医療・健康ビッグデータの解析を通して、革新的な認知症や生活習慣病の予兆発見法と予防法の開発に産学官民が連携して取り組んでいます。
 また、青森県において短命県返上というゴールに直結するよう生活習慣病全体の予兆法・予防法の開発も進めています。最終的には健康寿命延伸を実現する青森県発の社会実装モデルを世界へ発信します。
 本展示では、岩木健康増進プロジェクトの様子や若者に向けた喫煙防止普及ストリートダンス『禁煙ダンス』を御紹介します。

【主な展示物】
○パネル展示
  • 認知症・生活習慣病研究とビッグデータ解析の融合による画期的な疾患予兆発見の仕組み構築と予防法の開発
  • 岩木健康増進プロジェクト
  • 久山町研究における認知症予兆アルゴリズムの開発
  • 高齢者の地域生活を健康時から認知症に至るまで途切れなくサポートする法学,工学,医学を統合した社会技術開発拠点
○動画
  • 岩木健康増進プロジェクトの様子
  • 禁煙ダンス
弘前大学展示風景の写真1 弘前大学展示風景の写真2
【企画展示:名古屋工業大学】
開催期間平成28年11月1日(火曜日)〜平成28年12月21日(水曜日))
実施機関名古屋工業大学
テーマスポーツと名古屋工業大学 ― オリンピック・パラリンピックと科学技術 ―
展示背景・概要
 スポーツ競技や観戦を支える科学技術が名古屋工業大学に多く存在します。今回は、様々なスポーツ大会を支えた本学の研究を御紹介するだけでなく、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会や国際スポーツ大会を支えることが期待される御研究を紹介します。

【主な展示物】
○実物展示
  • 双方向音声案内デジタルサイネージ「メイちゃん」
  • 中空ナノ粒子コーティングしたバレーボール公式球、ナノ粒子
  • 無動力歩行支援機ACSIVE
  • 熱中症リスク評価とパーソナルヘルスケア
  • 音声触図
○動画
  • 音声触図学習システム
  • 理想的な運動技能の獲得を目指した最適動作を創造するシミュレーション
名古屋工業大学展示風景の写真1 名古屋工業大学展示風景の写真2

旧秘書官室

・現在、特別展示はありません。

スポーツ展示室

・現在、特別展示はありません。

ラウンジ

・現在、特別展示はありません。