特別展示

企画展示室

【信州大学の企画展示】
開催期間平成28年4月1日(金曜日)〜 平成28年7月29日(金曜日)(予定)
実施機関信州大学
テーマ近未来 体内埋め込み型歩行アシストサイボーグプロジェクト
展示背景・概要
 信州大学は2015年4月から、国の支援を受け、体内埋め込み型の歩行アシスト装置、すなわちサイボーグ技術の開発を行っています。既に実用化の一歩手前にある体外装着型の歩行アシストロボット「curara(クララ)」に残る、装着や持ち運びの手間、活動場所の制限などの欠点を補うもので、実現すれば世界で初めての試みです。
 プロジェクトでは、現在開発中の歩行アシストロボットと非接触充電バッテリーを小型・軽量・高性能化し、骨折治療に使われる骨髄内釘手術を応用して脚などに埋め込む技術を開発します。装置の生体安全性などの課題を乗り越え、最終的には自分の脚の動きを検知してモーターが起動し、自然に歩行できるシステムを目指します。
 展示では、歩行アシストロボットの実機や模型、各種映像資料を用い、歩行アシストサイボーグプロジェクトを分かりやすく御紹介します。
【主な展示物】
○実物展示
  • 歩行アシストロボット「curara(クララ)」
  • 歩行アシストサイボーグのイメージ模型
信州大学の写真1 信州大学の写真2
【広島大学の企画展示】
開催期間平成28年4月1日(金曜日)〜 平成28年7月29日(金曜日)(予定)
実施機関広島大学
テーマ「世界でオンリーワンの『両生類研究・リソースセンター』」
展示背景・概要
 広島大学の両生類研究施設では、両生類を研究材料とし、発生・遺伝・進化などの分野で先駆的な研究を展開しています。特に、多様な両生類を安定して飼育維持できる施設は世界的にも外に例がなく、この特長を生かした研究で世界をリードしています。
 本展示では、両生類のゲノム編集技術の開発の取組、絶滅危惧両生類保全の試みの研究成果、ナショナルバイオリソースプロジェクトの取組などをパネル、ジオラマ、フィギュアなどで御紹介します。
【主な展示物】
○実物展示
  • 沖縄本島と奄美大島に棲息する両生類のジオラマ
  • オオサンショウウオの原寸大フィギュア
○パネル
  • 「両生類のゲノム編集」「両生類絶滅危惧種の保全」等
広島大学の写真1 広島大学の写真2
【核融合科学研究所の企画展示】
開催期間平成28年4月1日(金曜日)〜 平成28年7月29日(金曜日)(予定)
実施機関核融合科学研究所
テーマ「ヘリカル方式で核融合エネルギーの実現を!〜核融合科学研究所のチャレンジ〜」
展示背景・概要
 核融合科学研究所では、将来のエネルギー源として核融合発電を実現することを目指して、大型ヘリカル装置(LHD)を用いたプラズマの研究を行っています。
 本展示では、核融合反応の原理や核融合発電の特色等について解説するとともに、模型や実物大パネル等により、核融合科学研究所の研究成果やLHDについて御紹介します。
【主な展示物】
○実物展示
  • 大型ヘリカル装置(LHD)1/25スケール模型
○映像
  • 研究所の紹介ビデオ「子どもたちの将来のために」
○パネル
  • LHD真空容器内の実物大パネル等
核融合研の写真1 核融合研の写真2

文化展示室

開催期間平成28年3月29日(火曜日)〜 常設展示
テーマ文化庁買上優秀美術作品
展示背景・概要
 文化庁では、芸術家の創作意欲を高めるとともに、美術界の発展に資するため、創作活動において新生面を拓(ひら)き、将来性があると認められる作家の優秀作品を買い上げる「文化庁優秀美術作品買上事業」を行ってまいりました。平成18年度をもって本事業は終了いたしましたが、40年以上の長きにわたり収集を続けてきた作品群は370点にのぼり、日本の戦後美術の一面を表すコレクションとなっております。
 この常設展示では、現在、文化庁で所蔵している作品の中から、随時その一部を紹介してまいります。
【展示作品】(平成28年3月29日(火曜日)〜)
  • 『湿り気に濡れる』(金田実生)
  • 『朝の記憶』(古谷博子)
  • 『specimens of time』(黒木美希)
  • 『My sketch book』(吉原英里)
文化庁買上作品

科学技術・学術展示室

・現在、特別展示はありません。

エントランス

【企画展示:京都大学】
開催期間平成28年5月2日(月曜日)〜平成28年6月24日(金曜日)
実施機関京都大学
テーマ安全・安心な社会をめざして 防災研究のWINDOWをひらく
展示背景・概要
 京都大学防災研究所は、地球規模あるいは地域特性の強い災害と防災に関わる多種多彩な課題に対して、安全・安心な社会の構築、世界の安定や持続可能な発展に貢献する次世代の人材育成を目指した活動に取り組んでいます。本企画展示では、防災研究所が近年重点課題として取り組んでいる、・気候変動下の極端気象現象による災害、・巨大地震による災害、・火山活動の解明と避難防災教育活動、・世界の防災活動への貢献などを中心に紹介します。

【主な展示物】
○パネル展示
  • 研究紹介:1.気候変動に備える、2.地震災害に備える、3.火山災害に備える、4.世界の防災に貢献する
○映像
  • 京都大学防災研究所紹介
  • 自然災害映像
○パンフレット
  • 京都大学防災研究所パンフレット
  • 京都大学防災研究所DPRI Newsletter
  • 自然災害研究協議会パンフレット
  • GADRIパンフレット
  • 防災研グッズ
○実物展示
  • 桜島火山模型
  • 満点地震計・満点ロガー(世界最小・最省電力の地震計とロガー)
京都大学展示風景の写真1 京都大学展示風景の写真2
【企画展示:九州工業大学】
開催期間平成28年5月2日(月曜日)〜平成28年6月20日(月曜日)
実施機関九州工業大学
テーマ消音技術と高音質化技術の応用
展示背景・概要
 九州工業大学イノベーション推進機構では様々な先端的な研究活動を行っています。
企画展示では、自動運転で必要となるドライバ・モニタリングや、独居老人の見守りの需要が高まっており、その需要に対応するため、非接触(電波方式)の生体センサの展示を行なっています。このセンサは人体に触れないで心拍や呼吸をセンシングでき、運転時の居眠りや、屋内での生体モニタリングが可能となり、安全運転支援や見守り・健康管理などへ応用できます。
 また、既に産学連携の分野において実績のある音を逆位相の音で消す技術を展示しています。これはマンションの天井に新開発アクチュエータを設置し上の階の騒音を軽減できるものです。
 一方、福岡県の大川市は家具など木工製品が主力でしたが、最近は低迷し伝統技術が失われつつあります。そこで、この課題に対応するため、大学で開発した音響技術を利用し木工加工技術、北九州市の金属加工技術を融合させ、木板を振動版として平面波を発生する斬新なスピーカを開発し展示しています。
○パネル展示
  • 研究紹介パネル
○実物展示
  • 非接触生体センサ
  • マンションの天井に設置する消音アクチュエータ
  • ウッドボードスピーカ
九州工業大学展示風景の写真1 九州工業大学展示風景の写真2

旧秘書官室

・現在、特別展示はありません。

スポーツ展示室

・現在、特別展示はありません。

ラウンジ

【平成28年熊本地震写真展】
開催期間平成28年5月23日(月曜日)〜 平成28年6月22日(水曜日)
実施機関熊本県知事公室広報課、共催:文部科学省
テーマ熊本の復旧・復興をめざして〜平成28年熊本地震写真展〜
展示背景・概要
 平成28年熊本地震においては、69名の方が亡くなられました。(平成28年5月17日現在。震災関連死を含む。)
 また、地震発生から1カ月が経過した現在も、余震が続くとともに、熊本県内では多くの方々が未だに避難生活を余儀なくされています。
 今回の展示では被害の状況をお知らせするとともに、復旧・復興に向けた取り組みをご紹介します。
【主な展示物】
○パネル(エントランスでも同じパネルほ展示をしています)
  • 「熊本地震の概要」「被害状況」等
チラシ(PDF:217KB)
ラウンジの様子
ラウンジの様子
エントランスの様子
エントランスの様子