イベント情報

ラウンジ

【大阪府立大学によるイベント】「障がい者スポーツ科学とボッチャ」

開催期間
令和元年7月30日(火曜日)14時00分~16時00分
開催場所
「文部科学省 情報ひろば」ラウンジ(旧文部省庁舎1階)
(交通案内)http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/access/index.htm

イベント概要

最重度障がい者のパラリンピック競技である「ボッチャ」に関する講演と体験会を行います。大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科 奥田邦晴教授、片岡正教講師の研究室では、これまで様々な障がい者スポーツの選手強化を科学的にサポートしてきました。特に近年は「ボッチャ」に深く関わっています。

ボッチャは重度の障がいがあっても参加できるパラリンピック競技の一つですが、障がいの有無や年齢、性別に関係なく、誰もが一緒に楽しむことができる競技でもあります。ジャックとよばれる白の的玉に赤と青のボールを近づけるターゲットスポーツで、個人戦や団体戦もあり、その戦略性も奥深いものです。

イベントでは、障がい者スポーツ・支援研究室としてこれまで行ってきた研究や、ボッチャのパラリンピックでのメダル獲得に貢献するための医科学的な取組、ボッチャがもたらす様々な効果を紹介します。また、参加してくださる皆様にボッチャを体験していただく時間も設けています。

皆様のお越しをお待ちしております。

<プログラム>
○14時00分~15時00分
 講演「障がい者スポーツ科学の目指すものとボッチャの魅力」
 奥田 邦晴(大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科 教授)

○15時00分~16時00分
 体験会「ボッチャ体験」
 片岡 正教(大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科 講師)


参加費
無料

お申込み方法
7月28日(日曜日)までに以下のリンク先ページの申込みフォームよりお申込みください。なお、当日の参加も受け付けます。
https://www.iao.osakafu-u.ac.jp/urahp/opu-contact/jyouhouhiroba/

お問合せ先
大阪府立大学 研究推進本部 URAセンター
TEL:072-254-9128
E-mail:URA-center@ao.osakafu-u.ac.jp

令和元年度第2回 情報ひろばサイエンスカフェ(参加費無料、申込み必要)

開催期間
令和元年7月19日(金曜日)19時00分~20時30分
開催場所
「文部科学省 情報ひろば」ラウンジ(旧文部省庁舎1階)
(交通案内)http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/access/index.htm
講師
島 亜衣さん(東京大学情報理工学系研究科特任助教)、清水 達也さん(東京女子医科大学先端生命医科学研究所所長・教授)
ファシリテーター
日下 葵さん(JST 「科学と社会」推進部)、濱田 志穂さん(JST 未来創造研究開発推進部)
テーマ
たんぱく質クライシス × 培養肉 ~未来の食への課題と期待~
定員
30名

イベント概要

世界人口の爆発的増加や、発展途上国の生活水準向上などにより、食肉消費量の大幅な増加が見込まれています。しかし、家畜の飼育には飼料や水・土地など大きな環境負荷を伴うことや、気候変動による環境影響などにより、早ければ2030年頃には食肉生産が追いつかなくなるのではないか、と指摘されています。これが、「たんぱく質クライシス」と呼ばれている問題です。

その解決策のひとつとして、いま世界中で「培養肉」の研究が進められています。「培養肉」とは、動物の細胞を抽出して組織培養することで製造される、人工肉のことです。 ここでは「培養肉」に関する最先端のサイエンスや国際動向などを紹介します。将来、実際に培養肉が食卓に上るまでには、技術開発だけでなく、法制度や食の安全の確保など、社会として解決しなければならないさまざまな課題があります。「培養肉」という新しい技術の行方について、研究者と一緒に考えてみませんか?

参加希望の方は「氏名」及び「7月19日サイエンスカフェ参加希望」と書いたEメールを、sciencecafe@ifys.jp(@は半角)宛てに事前にお申し込みください。その際、サイエンスカフェで聞いてみたいことや、講師への質問があれば、記載してください。登録は定員になり次第締め切らせていただきます。申込みは一人1通でお願いします。また、キャンセルされる場合は、同Eメールアドレス又は文部科学省人材政策課サイエンスカフェ担当(03-6734-4191 平日9時30分~18時15分受付)にその旨連絡願います。 ※参加は無料です。

※サイエンスカフェについての詳しい情報は科学技術週間ウェブサイトに掲載しております。


令和元年度第2回 情報ひろばサイエンスカフェ1 令和元年度第2回 情報ひろばサイエンスカフェ2