イベント情報

ラウンジ

【仙台大学によるイベント】「健康ひろば」
開催日平成29年8月31日(木曜日)11時00分〜14時00分
開催場所文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
イベント概要
 1.健康測定の実施
 病院やフィットネスクラブ等でも使用されているInbodyという器械を使い、からだの筋肉量や脂肪量等の健康指標を知ることができます。
 2.健康づくり教室の実演
 災害時に気をつけるべきエコノミークラス症候群や感染症に関するお話、健康づくりのための運動を実際に体験いただくことができます。
 第1回: 11時30分〜12時00分、 第2回: 12時10分〜12時40分
 3.資料コーナー
 健康に関する資料を展示しています。
 講師:仙台大学 教員・スタッフ・学生
 連絡先:仙台大学スポーツ健康科学研究実践機構
 TEL:0224-55-1337 FAX:0224-55-3116
【香川大学による講演】「3Dプリンター造形物の医学分野における新たな有効活用への取り組み」(入場無料)
開催日平成29年9月21日(木曜日)14時00分〜14時40分
開催場所文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
イベント概要
 近年、 3Dプリンターを用いた造形技術に大きな関心が寄せられています。3Dプリンターによる造形は、複雑な形状の物体でも比較的容易に3次元的な再現が可能であり、教材や研究ツールとして活用されています。医療分野でもすでに解剖学的構造の把握や患者さんへの説明といった診断支援、手術計画やその補助などの治療支援、手術トレーニングなどに活用されており、一部の事例では診療報酬での加算が認められています。さらに、 3Dプリンターを用いた人工骨の作成などにも応用されるようになっています。
 香川大学医学部附属病院においても平成27年1月より3Dプリンターを導入し、画像データをもとに症例の疾患モデルを作成し、治療方針の検討、病状説明、学生教育、手術処置シミュレーション等 診療・教育を中心に活用しています。
 このたび、文部科学省エントランスに「3Dプリンター造形物の医学分野における新たな有効活用への取り組み」と題したご紹介をさせていただいており、その展示テーマに関する講演会開催を予定しております。
 講師:松原修司 香川大学医学部附属病院地域医療教育支援センター長
 お問合せ先:香川大学 医学部附属病院 地域医療教育支援センター
 TEL:087-891-2489 e-mail:chce@med.kagawa-u.ac.jp

情報ひろば3階展示室

・現在、イベント情報はありません。

エントランス

・現在、イベント情報はありません。