イベント情報

ラウンジ

【福井大学・東京大学によるイベント「テラヘルツ波が拓く 素粒子物理学の新展開」】(入場無料)
開催日
開催日時:平成28年9月9日(金曜日)14時00分〜15時00分
開催場所
文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
イベント概要
 素粒子物理の実験は、欧州合同原子核研究機関CERNのような大型加速器で粒子と粒子を衝突させて行われることが通例ですが、福井大学と東京大学は、携帯電話の周波数(2ギガヘルツ)の約100倍に相当するテラヘルツ波を短寿命の「ポジトロニウム」原子に照射し、状態間のエネルギー差の直接測定することに成功しました。この両大学の装置を組み合わせても、たたみ一畳分(150cm×180cm)のコンパクトサイズです。これらの実験値と理論値のずれに確認が得られたなら、現代の物理学にとって、未知の新たな素粒子が関与するという新発見に繋がるかもしれません。
 イベントでは、ジャイロトロンを用いて初めて可能になる遠赤外領域の先進的研究について、本学遠赤外領域開発研究センターの出原敏孝特任教授、アイデアに富んだ素粒子研究の実験について東京大学理学系研究科 浅井祥仁教授が説明します。さらに、東京大学理学系研究科 横山 広美准教授が、今回の成果をわかりやすくナビゲートします。
イベント詳細:http://www.u-fukui.ac.jp/particle/
<お問い合わせ>
福井大学 広報室
TEL 0776-27-9733  E-mail : koho@ad.u-fukui.ac.jp

情報ひろば3階展示室

・現在、イベント情報はありません。

エントランス

・現在、イベント情報はありません。