イベント情報

ラウンジ

平成29年度第3回 情報ひろばサイエンスカフェ(参加費無料、申込み必要)
開催日時平成29年9月29日(金曜日)19時00分〜20時30分
講師中村敏和さん(自然科学研究機構分子科学研究所・准教授、電子スピンサイエンス学会・会長)
ファシリテーター黒木彩香さん(国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)戦略研究推進部・調査員)
テーマ「電子の磁石×くらし〜分子の状態を見て、くらしをチェック〜」
定員30名
イベント概要
 医療で使われるMRI検査には、核磁気共鳴画像法(magnetic resonance imaging, MRI)が使われています。何の磁気が共鳴するかというと、それは電子や原子核の小さな磁石の話になります。磁気共鳴法(MR)はこのほか、生活習慣病に大きく関わっている活性酸素の動きを調べたり、分子レベルの知見を用いた創薬や治療研究にも使われています。医療以外にも、食品の鮮度測定、化石や遺跡の年代測定など身近な分野で活用されています。今回のサイエンスカフェでは、磁気共鳴法の実験を通じて、「くらし」に関わる現象や応用研究を、電子の磁石でやさしく紹介していきます。

 参加希望の方は「氏名」及び「9月29日サイエンスカフェ参加希望」と書いたEメールを、sciencecafe@devotion-japan.com(@は半角)宛てに事前にお申し込みください。その際、サイエンスカフェで聞いてみたいことや、講師への質問があれば、記載してください。登録は定員になり次第締め切らせていただきます。申込みは一人1通でお願いします。また、キャンセルされる場合は、同Eメールアドレス又は文部科学省人材政策課サイエンスカフェ担当(03−6734−4191 平日9時30分〜18時15分受付)にその旨連絡願います。 ※参加は無料です。
※サイエンスカフェについての詳しい情報は科学技術週間ウェブサイトに掲載しております。
【香川大学による講演】「3Dプリンター造形物の医学分野における新たな有効活用への取り組み」(入場無料)
開催日平成29年9月21日(木曜日)14時00分〜14時40分
開催場所文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
イベント概要
 近年、 3Dプリンターを用いた造形技術に大きな関心が寄せられています。3Dプリンターによる造形は、複雑な形状の物体でも比較的容易に3次元的な再現が可能であり、教材や研究ツールとして活用されています。医療分野でもすでに解剖学的構造の把握や患者さんへの説明といった診断支援、手術計画やその補助などの治療支援、手術トレーニングなどに活用されており、一部の事例では診療報酬での加算が認められています。さらに、 3Dプリンターを用いた人工骨の作成などにも応用されるようになっています。
 香川大学医学部附属病院においても平成27年1月より3Dプリンターを導入し、画像データをもとに症例の疾患モデルを作成し、治療方針の検討、病状説明、学生教育、手術処置シミュレーション等 診療・教育を中心に活用しています。
 このたび、文部科学省エントランスに「3Dプリンター造形物の医学分野における新たな有効活用への取り組み」と題したご紹介をさせていただいており、その展示テーマに関する講演会開催を予定しております。
 講師:松原修司 香川大学医学部附属病院地域医療教育支援センター長
 お問合せ先:香川大学 医学部附属病院 地域医療教育支援センター
 TEL:087-891-2489 e-mail:chce@med.kagawa-u.ac.jp

情報ひろば3階展示室

・現在、イベント情報はありません。

エントランス

・現在、イベント情報はありません。