ラウンジ

平成30年度第5回 情報ひろばサイエンスカフェ(参加費無料、申込み必要)

開催期間
平成31年1月18日(金曜日)19時00分~20時30分
開催場所
文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
(交通案内)http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/access/index.htm
講師
池田 威秀さん(京都大学野生動物研究センター 研究員)
ファシリテーター
本田 隆行 さん(科学コミュニケーター)
テーマ
アマゾン熱帯雨林×動物園 ~アマゾンのフィールドミュージアム構想~
定員
30名

イベント概要

地球上の全生物種の半数以上が、陸地面積のわずか6%にあたる熱帯雨林に生息していると言われています。そして、その熱帯雨林の実に半分以上を占めているのが、南米アマゾンです。今回のサイエンスカフェでは、アマゾン特有の環境と、そこに生きる魚の話を中心に、熱帯の多様な生物とその営みの一端を紹介したいと思います。
 また、地球の裏側で進む森林の消失について、何が問題なのか、我々に何ができるのか、参加者の皆様と一緒に考えていきたいと思っています。具体的な取組の一つとして、我々がブラジル北部のマナウスで整備している次世代型動植物園・水族館「フィールドミュージアム」と、その未来像についても紹介いたします。
 参加希望の方は「氏名」及び「1月18日サイエンスカフェ参加希望」と書いたEメールを、sciencecafe@ifys.jp(@は半角)宛てに事前にお申し込みください。その際、サイエンスカフェで聞いてみたいことや、講師への質問があれば、記載してください。登録は定員になり次第締め切らせていただきます。申込みは一人1通でお願いします。また、キャンセルされる場合は、同Eメールアドレス又は文部科学省人材政策課サイエンスカフェ担当(03-6734-4191 平日9時30分~18時15分受付)にその旨連絡願います。
※参加は無料です。
※サイエンスカフェについての詳しい情報は科学技術週間ウェブサイトに掲載しております。


平成30年度第5回 情報ひろばサイエンスカフェ
          
平成30年度第5回 情報ひろばサイエンスカフェ

【奈良教育大学によるイベント】食生活自立の第一歩は包丁技能の習得にあり -児童の手指の大きさと把持力に応じた包丁の開発-

開催期間
平成31年1月17日(木曜日)15時00分~16時00分
開催場所
文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
(交通案内)http://www.mext.go.jp/joho-hiroba/access/index.htm

イベント概要

奈良教育大学教授鈴木は子どもの手指の大きさと把持力に応じた包丁を与えることが、安全且つ効率よく包丁技能を習得させることにつながると考え、子どもが使用するのにふさわしい包丁を開発しました。イベントでは開発に至る研究を、スライドを使用して紹介します。大きさと重さと重心は同じでも柄の太さが異なる包丁をお手にとって頂くことや、開発した包丁で野菜を切ることも体験して頂きます。
 皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

【登壇者】
奈良教育大学教授 鈴木洋子

【お問い合わせ先】
0742-27-9250(奈良教育大学鈴木研究室)
suzukiy@nara-edu.ac.jp