イベント情報

ラウンジ

【高エネルギー加速器研究機構(KEK)によるイベント】「新生SuperKEKB加速器 いよいよ衝突実験〜新しい物理学を求めて」
開催日時平成30年1月30日(火曜日)14時30分〜16時30分(14時開場)
開催場所文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
イベント概要
 高エネルギー加速器研究機構(KEK)つくばキャンパスの地下では現在、日本最大の粒子加速器SuperKEKBが新たに生まれ変わり、2018年春に予定される電子・陽電子の衝突実験の準備を着々と進めています。その衝突点には、高さ、幅、奥行きともに約8メートルで重さが約1400トンもあるBelleU測定器がすでにロールインされ、最終機能試験を実施しながら実験の開始を待っています。
 これらの装置は、小林誠・益川敏英博士の2008年ノーベル物理学賞受賞を導く成果を出すなど、輝かしい成果を挙げたKEKB加速器とBelle測定器を大幅に改良したもので、自ら保持するルミノシティ(衝突頻度)の世界記録をさらに40倍も更新し、宇宙創成期に働いていた未知の物理法則を探索することを目指しています。
 この歴史的な計画のスタートを、一人でも多くの皆様に知っていただく目的で、加速器のビームパイプや測定器の模型、現場の映像や紹介ビデオを、計画の概要を紹介するパネルとともに、文部科学省エントランスに展示中です。その関連イベントとして、一般の方々に研究者の生の声を届ける講演会を企画しました。この機会にぜひ、ご参加いただきたいと思います。

【日時】
 平成30年1月30日(火曜日)14時30分〜16時30分(14時開場)
【場所】
 文部科学省旧庁舎ラウンジ(1階)
【プログラム】

14時 開場(受付開始)
14時30分 山内正則機構長の挨拶
14時50分 加速器研究施設・赤井和憲教授の講演
「未踏のルミノシティを切り開くSuperKEKB加速器」
15時30分 素粒子原子核研究所・谷口七重助教の講演
「BelleU実験で期待される発見」
16時10分 質疑応答(16時30分ごろまで)
○山内正則氏プロフィール
山内正則氏 1984年東京大学大学院博士課程修了。高エネルギー物理学研究所助教授を経て、1999年高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所教授、2012年同研究所所長、2015年同機構長。「B中間子におけるCP対称性非保存の発見」で第一回折戸周治賞受賞(2010年)。
○赤井和憲氏プロフィール
赤井和憲氏 1985年東京大学大学院博士課程修了。高エネルギー物理学研究所助手、米国コーネル大学研究員を経て、1998年高エネルギー加速器研究機構助教授。2005年同教授、2009年より加速器第三研究系研究主幹。「超伝導クラブ空洞の開発とKEKBファクトリーへの応用」で、第二回折戸周治賞受賞(2011)。
○谷口七重氏プロフィール 2008年京都大学大学院博士後期課程修了。2009年高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所博士研究員を経て、2012年より同助教。専門は素粒子物理学実験、とくに高エネルギー加速器を用いた実験。
新生SuperKEKB加速器 いよいよ衝突実験  
平成29年度第5回 情報ひろばサイエンスカフェ(参加費無料、申込み必要)
開催日時平成30年1月26日(金曜日)19時00分〜20時30分
講師槇田諭さん(佐世保工業高等専門学校電子制御工学科・講師)
ファシリテーター瀬戸文美さん(東北大学男女共同参画推進センター・助手)
テーマ「ロボット・情報×つながり〜テクノロジーを駆使してより豊かな生活へ〜」
イベント概要
 将来のさらなる応用・発展が期待されるロボット技術(RT)、また高度化・大規模化する情報並びに情報通信技術(ICT)は社会にどのような変化をもたらすのか。ロボット・情報が社会とどうつながるのか、社会をどうつなげるのか、ロボット研究の観点からこれらをお話しし、一緒に議論できればと思います。佐世保高専では長崎県の離島地区を中心に科学コミュニケーション事業を展開しています。交通手段が限定されて外部との交流が少ない遠隔地で先端の科学技術に触れるためにはどうすればよいのか。その1つの方法がロボット、インターネットなどを活用したバーチャル体験です。科学技術の発展は様々な困難や障害をクリアして、人間のより創造的な活動を実現できるものです。今回のサイエンスカフェでは、ロボティクス研究と、科学技術コミュニケーション事業を通じて目指す豊かな社会の展望を対話したいと思います。
 参加希望の方は「氏名」及び「1月26日サイエンスカフェ参加希望」と書いたEメールを、sciencecafe@devotion-japan.com(@は半角)宛てに事前にお申し込みください。その際、サイエンスカフェで聞いてみたいことや、講師への質問があれば、記載してください。登録は定員になり次第締め切らせていただきます。申込みは一人1通でお願いします。また、キャンセルされる場合は、同Eメールアドレス又は文部科学省人材政策課サイエンスカフェ担当(03−6734−4191 平日9時30分〜18時15分受付)にその旨連絡願います。
※参加は無料です。
※サイエンスカフェについての詳しい情報は科学技術週間ウェブサイトに掲載しております。
 
【鳴門教育大学によるイベント】「【特別講演】森田洋司先生に聴く ストップいじめ」
開催日時開催日平成30年1月29日(月曜日)16時30分〜18時00分
開催場所文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
イベント概要
 本講演では、いじめ問題を生徒指導等に関するにおける世界的権威であり、また、文部科学省「いじめ防止対策協議会」及び「不登校に関する調査研究協力者会議」の座長を務めるなど、我が国の教育政策立案においても学識経験者として中心的に参画している、森田洋司鳴門教育大学特任教授(日本生徒指導学会会長)から、いじめ問題理解のポイントといじめへの対応の要点について講演いただくとともに、BP(いじめ防止支援)プロジェクトの取りまとめ大学である鳴門教育大学の山下一夫学長との対談を通して、皆様のいじめ問題についての理解の広まり・深まりに繋げていただきたいと思います。  
皆様のご参加をお待ちしております。

○受付 16時00分から
○参加費 無料
○事前申込 不要
○対象者 教育関係者のほか、どなたでもご参加いただけます。

【お問合せ先】
鳴門教育大学BPプロジェクト事務局
 Tel : 088-687-6012
 E-mail : satellitebp@naruto-u.ac.jp  
【特別講演】森田洋司先生に聴く ストップいじめ
 

情報ひろば3階展示室

・現在、イベント情報はありません。

エントランス

・現在、イベント情報はありません。