ここからサイトの主なメニューです

資料6-4 競争的研究資金制度改革について(意見)

科学技術・学術審議会
学術分科会(第10回)
平成15年4月24日

平成15年4月24日
総合科学技術会議

目次

1.競争的研究資金制度改革の必要性

2.改革のための具体的方策

1.競争的な研究開発環境を実現するための制度的枠組みの構築
(1)競争的研究資金獲得に対するインセンティブの向上
(2)研究機関による適切なマネジメント体制の構築
(3)研究者の一層の競争促進による研究の質の向上
2.若手研究者の活性化に向けた制度整備
(1)研究実績よりも研究計画の内容を重視した審査への転換
(2)研究者を育てる制度への転換
(3)研究者のキャリアパスの再構築
(4)ポストドクター及び大学院生の育成
3.プログラムオフィサー(PO)、プログラムディレクター(PD)による一元的管理・評価体制の整備
(1)PO・PDの役割の明確化
(2)PO・PDの確保と育成
(3)PD会議の設置
4.競争的研究資金の効率的・弾力的運用のための体制整備
(1)年度間繰越及び年複数回申請
(2)公正で透明性の高い評価システムの確立
(3)電子システム化とデータベースの拡充
6.競争的研究資金制度改革と関連する改革 ―大学改革―
(1)競争的な給与・人事システムの構築
(2)研究と教育の区分

3.競争的研究資金制度間の連携と制度改革のフォローアップ

お問合せ先

研究振興局振興企画課学術企画室

(研究振興局振興企画課学術企画室)

-- 登録:平成21年以前 --