ここからサイトの主なメニューです

防災に関する研究開発の推進方策について

平成18年7月
科学技術・学術審議会研究計画・評価分科会

目次

第1章 基本的考え方
1.防災分野における研究開発の現状
2.推進方策の位置付けと基本方針
3.推進方策の基本的考え方
(1)社会の防災力の向上への貢献
(2)幅広い分野間の連携による総合科学技術として推進
(3)防災関係機関との連携強化と成果等の普及
(4)地震災害への重点化とその他の災害への取り組み
(5)研究開発基盤の強化と競争的資金の拡充等研究開発環境の整備
第2章 重要研究開発課題
1.重点研究開発領域
(1)リスクマネジメントに基づく総合的防災対策
(2)ハザードマップの高度化
(3)地震による構造物の破壊過程の解明
(4)既存構造物の耐震性の評価及び補強
(5)災害時要援護者救援策の充実
(6)復旧・復興過程の最適化
(7)先端技術の災害軽減への積極的利活用
(8)災害情報の有効利用
(9)国際的な枠組みの下での研究開発
2.重要な研究開発課題
第3章 研究開発を推進するにあたっての重要事項
(1)基礎研究の振興
(2)総合科学技術としての展開
(3)地域の特性に応じた研究開発の推進
(4)国際協力の推進
(5)関係機関の連携と成果の移転
(6)人材の育成・確保
(7)研究開発基盤の整備
(8)普及・啓発活動の充実
(9)他の計画等との連携

(別紙)

(参考)

お問合せ先

科学技術・学術政策局計画官付

(科学技術・学術政策局計画官付)

-- 登録:平成21年以前 --