ここからサイトの主なメニューです

幼児期の教育内容等深化・充実調査研究

1.事業の趣旨

 幼児期の教育は生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであり、この時期に質の高い幼児教育の全国的な提供が必須とされる中、その教育内容については、ますます深化・充実が求められる。このため、幼児教育に係る教職員の資質・能力の向上、幼児期における指導方法等の改善、その他幼児教育に関する様々な課題に関する調査研究を行い、その成果の活用普及を通じ、幼児教育の更なる質向上を図る。

2.調査研究テーマ

幼稚園教諭の養成の在り方に関する調査研究

 質の高い幼児教育を推進していくためには、幼稚園教諭の資質・能力の向上は不可欠である。教育内容、指導方法等の専門性の向上を図るとともに、小学校教育との円滑な接続、家庭や地域社会における子育ての支援、障害のある幼児への指導等に関する専門性の向上等、喫緊の諸課題に対応するために、幼稚園教諭の養成の改善・充実を図り、全国的な水準を確保することがますます求められている。
 社会環境の急速かつ大きな変化や幼児教育をめぐる諸課題に対応するために、幼稚園教諭の養成課程におけるモデル・カリキュラムの開発に向けた調査研究を行う。その際、次期幼稚園教育要領の改訂も踏まえ、幼稚園教諭の資質・能力とは何か検証を行う。

委託先

一般社団法人保育教諭養成課程研究会

委託期間

契約締結日~平成29年3月31日

報告書

お問合せ先

初等中等教育局幼児教育課

-- 登録:平成29年05月 --