ここからサイトの主なメニューです

高大接続改革

(大学入試改革)2021年度入学者選抜に向けた各大学の検討状況の調査結果について(令和元年5月31日)

 2021年度大学入学者選抜から大学入学共通テストを実施し、新たに国語及び数学において記述式問題を導入するとともに、英語については、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を適切に評価するため資格・検定試験を活用することとしています。

 このような中、各大学における大学入学共通テストや英語の資格・検定試験の利用見込み等について把握するため、調査を行い、その結果を取りまとめましたので概要を公表します。

 また、大学入学共通テストや英語の資格・検定試験の活用方法等について、公表していない大学に対しては、速やかな公表を要請する文書を発出する予定です。

 

調査の概要

・調査方法 大学院大学を除く、全国の国公私立大学に調査票をメールで送付

・調査対象 1,068校(大学:759校、短期大学:309校)

・調査期間 2019年1月11日~2019年1月25日(ただし、3月19日まで回答受付)

・有効回答数 964校(大学:692校、短期大学:272校) 回収率:約90%

・調査委託先 株式会社リベルタス・コンサルティング

  ※あわせて、入試改革について検討の進んでいる6校に対してヒアリング調査を実施

お問合せ先

文部科学省高等教育局大学振興課大学入試室

電話番号:03-5253-4111(内線:4905)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(文部科学省高等教育局大学振興課大学入試室)

-- 登録:令和元年05月 --