スポーツ関係の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインについて

本年5月4日の政府対策本部において改正された基本的対処方針等により、各関係団体等は、業種や施設の種別ごとにガイドラインを作成するなど、自主的な感染防止のための取組を進めることとされたところです。
スポーツ庁、各スポーツ関係団体により、各種スポーツ活動の再開に向けた、感染拡大予防のためのガイドラインが作成されましたので、御紹介します。

※今後、随時ガイドラインについては追加予定です。

令和2年7月9日更新

社会体育施設の再開関係

○作成主体
 スポーツ庁

○ガイドラインの対象
 公立の社会体育施設(屋外施設、体育館、プール等)

○主な内容
 ・社会体育施設の再開に当たっての基本的な考え方
 ・社会体育施設の再開時の感染防止策の留意点(施設管理者及び利用者)

スポーツイベントの再開関係

○作成主体
 公益財団法人日本スポーツ協会、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(※連名作成)

○主な内容
 ・スポーツイベント再開に当たっての基本的な考え方
 ・スポーツイベント再開時の感染防止策の留意点(主催者及び参加者)
 

競技団体別ガイドライン一覧

「スポーツイベントの再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」中で、各競技団体においても当ガイドラインを参考に、競技特性に応じた各競技別のガイドラインの作成が依頼されています。それに伴い、各競技団体において競技別のガイドライン作成が行われておりますので、ご活用ください。

(日本陸上競技連盟、日本サッカー協会、日本ボクシング連盟、日本バレーボール協会、日本体操協会、日本レスリング協会、日本ウエイトリフティング協会、日本ソフトテニス連盟、日本卓球協会、全日本軟式野球連盟、日本フェンシング協会、日本ラグビーフットボール協会、日本バドミントン協会、全日本剣道連盟、日本山岳・スポーツクライミング協会、日本カヌー連盟、全日本アーチェリー連盟、日本アイスホッケー連盟、日本クレー射撃協会、日本ゴルフ協会、日本パワーリフティング協会、日本グラウンド・ゴルフ協会、日本トライアスロン連合、日本バウンドテニス協会、日本スポーツチャンバラ協会、日本ダンススポーツ連盟、日本拳法競技連盟など)

大学スポーツ

○作成主体
 一般社団法人 大学スポーツ協会
(UNIVAS)

○主な内容
 ・大学スポーツ活動の再開について
 ・運動部として実施すべきこと
 ・大学(スポーツ統括部局)として実施すべきこと

プロスポーツ関係

サッカー

○作成主体 
 公益社団法人日本プロサッカーリーグ

○作成主体
 一般社団法人日本女子サッカーリーグ

 

ゴルフ

○作成主体
 公益財団法人日本ゴルフ協会
 公益社団法人日本プロゴルフ協会
 一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
 一般社団法人日本ゴルフツアー機構
 一般社団法人日本ゴルフトーナメント振興協会

野球

○作成主体
 一般社団法人日本野球機構

ボウリング

○作成主体
 公益社団法人日本プロボウリング協会

運動施設ほか

日本ゴルフ場経営者協会、日本パブリックゴルフ協会、全日本ゴルフ練習場連盟、日本テニス事業協会、全日本指定射撃場協会、日本ボウリング場協会、日本レジャーダイビング協会、スクーバダイビング事業協同組合、日本フィットネス産業協会など

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室
業種ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧(7月1日)別ウィンドウで開きます