ここからサイトの主なメニューです

デジタル改革関係閣僚会議に萩生田大臣が出席

9月23日(水曜日)
教育・科学技術・文化・スポーツ

  9月23日、首相官邸で、デジタル改革関係閣僚会議の初会合が開かれ、萩生田大臣はじめ全閣僚が出席しました。

  菅総理は、新型コロナウイルスの対応において、デジタル化について様々な課題が明らかとなり、それら課題を根本的に解決するため、大胆に規制改革を断行し、その突破口として、デジタル庁を創設すると述べられました。また、年末には基本方針を定め、次の通常国会に必要な法案を提出したいとの意向を示され、
「デジタル庁は強力な司令塔機能を有し、官民を問わず能力の高い人材が集まる社会全体デジタル化をリードする強力な組織とする必要がある。デジタル庁の創設は我が国の経済、社会の大きな転換に繋がる改革であり、今までにないスピードで取り組む必要がある。全ての閣僚においては、この大きな改革を全力で協力していただくようお願いする」
と述べられました。

  会議では萩生田大臣も発言し、教育におけるICTの活用や、スーパーコンピュータ「富岳」や量子技術等、デジタル社会を駆動する先端科学技術の推進と、その実装による新産業創造・社会変革などについて強力に推進していくと述べました。

※デジタル改革関係閣僚会議(首相官邸HP)
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202009/23digital.html別ウィンドウで開きます