ここからサイトの主なメニューです

「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』の創設決定について

5月19日(火曜日)
教育

  新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、アルバイト収入の激減などにより、困難に直面している学生の「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』を創設することが5月19日の閣議で決定し、萩生田大臣が同日の会見の冒頭で本件に関して発言いたしました。

  この給付金では、特に厳しい状況にある住民税非課税世帯の学生等には20万円、それ以外の学生には10万円を支給いたします。対象は、大学院生や留学生を含む国公私立大学、短期大学、高等専門学校、専門学校の学生等、そして、日本語教育機関の生徒も対象です。

  萩生田大臣は、速やかに必要な学生に支援が行き渡るよう、早急に対応していくと述べました。

※文科省HP内、学生支援緊急給付金のページはこちら(近日中に追加情報を掲載予定)

≪参考≫
萩生田大臣会見全編(約20分)はこちら 別ウィンドウで開きます