ここからサイトの主なメニューです

著作権法改正に関して自民党と公明党から申し入れ・提言をいただきました

2月3日(月曜日)
文化

  2月3日、自民党・知的財産戦略調査会の林芳正会長、同調査会デジタル社会実現に向けての知財活用小委員会の小林史明小委員長など自民党の関係議員の方々から「海賊版対策のための著作権法改正に関する申し入れ」が、また同日、公明党・文部科学部会 浮島智子部会長など公明党の関係議員の方々から「海賊版対策・文化の発展に資する著作権法改正に関する提言」が萩生田大臣に手渡されました。

  申し入れ・提言では、侵害コンテンツのダウンロード違法化の範囲の絞り込みに関する取扱い、海賊版対策のための国際的な連携や民間組織との協力の重要性、時代の変化に対応した著作権法全体のあり方などについて重要なご示唆を頂きました。

  萩生田大臣は、バランスの取れた提言を頂いたことに感謝の意を表するとともに、
「文部科学省として、頂いた申し入れ・提言の内容を十分に踏まえながら、国民の皆様に御理解いただけるバランスの取れた良い法案を作成してまいります」
と述べました。