ここからサイトの主なメニューです

日本博広報大使に黒柳徹子さん

1月15日(水曜日)
文化

  「日本博」は世界中の方々に日本全国各地で開催する美術展、舞台芸術公演、文化芸術祭、体験プログラム等幅広い事業を通して「日本の美」を体感していただこうと進めているプロジェクトです。
  世界中から多くの方が訪れる東京オリンピック・パラリンピックイヤーの2020年を中心に日本文化の魅力を国内外に発信する為、文化庁が中心となり、関係府省庁や地方自治体、文化施設、民間団体等の関係者の総力を結集して取り組んでいます。
  既に多くの事業が日本全国各地で開催されていますが、さらに「日本博」の認知度を向上させ、事業への参加機運を醸成する為、この度、黒柳徹子さんに「日本博広報大使」に就任いただきました。
  黒柳さんは、任命式でのトークセッションで、ご自身がニューヨークに留学されていた時に着物を着ていたことでチャーリー・チャップリンに会うことができたというエピソードを披露され、
「着物を着ていなかったら絶対にお会いできなかったと思いまして、その時、着物の威力を感じましたね。」
と話されるとともに、日本の古くからの文化についてご自身も若いころは思わなかったが、歳をとるごとになんて素晴らしいんだろうと思えるようになったといい、
「若い方たちに早く気づいていただき、日本の昔からの文化を認めていただけたらいいなと思います」
と話されました。

  また、萩生田大臣は、多方面でご活躍され、国内外問わず、多くの皆様に親しまれていらっしゃる黒柳さんの日本博広報大使としての精力的なご活動に期待を伝えるとともに、是非、皆様にご自身が興味のある「日本博」を見つけていただき足を運んで参加していただきたいと話しました。