学校施設等の防災への取組

 地震・台風等の自然災害における児童生徒の安全は重要な課題です。そのためには、災害時に迅速かつ適切に対処することはもちろんですが、その危険を未然に防ぐことが大切です。このため、文部科学省では、児童生徒の一日の大半を過ごす活動の場であるとともに、災害時には避難所として活用される学校施設の耐震化をはじめとして、防災行政の推進を行っています。また、万が一文教施設が被災を受けた場合、災害復旧の支援等も行っています。以下では、文部科学省の防災への取組について紹介します。

防災体制の確立

災害予防の推進

災害応急対策の取組

災害復旧の支援

災害に関する支援制度

(参考)