ここからサイトの主なメニューです

日本ユネスコ国内委員会

ユネスコエコパークと世界遺産事業等との比較

事業名称

対象等

我が国における登録物件等の例

根拠条約等

ユネスコエコパーク

ユネスコの「人間と生物圏(MAB)計画」の枠組に基づいて国際的に認定された陸上・沿岸・海洋生態系の区域、又は、これら区域の集合体。

・志賀高原(群馬県、長野県)
・白山(石川県、岐阜県、富山県、福井県)
・大台ヶ原・大峯山(奈良県、三重県)
・屋久島(鹿児島県)
・綾(宮崎県)
・只見(福島県)
・南アルプス(山梨県、長野県、静岡県)

条約に基づかないユネスコの事業

世界遺産(文化遺産)

・記念工作物

記念的意義を有する彫刻及び絵画、考古学的物件又は構造物、銘文、洞窟住居並びにこれらの物件の集合体で、歴史上、美術上又は科学上顕著な普遍的価値を有するもの。

・建造物群

独立した又は連続した建造物群で、その建築性、均質性又は風景内における位置から、歴史上、美術上又は科学上顕著な普遍的価値を有するもの。 

・遺跡

人工の所産又は人工と自然の結合の所産及び考古学的遺跡を含む区域で、歴史上、観賞上、民族学上又は人類学上顕著な普遍的価値を有するもの。

 ・富士山-信仰の対象と芸術の源泉(静岡県、山梨県)
・富岡製糸場と絹産業遺産群(群馬県)

ほか

世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約

世界遺産(自然遺産)

・無機的及び生物学的生成物又は生成物群から成る自然の記念物で、観賞上又は科学上顕著な普遍的価値を有するもの。

・地質学的及び地文学的生成物並びに脅威にさらされている動物及び植物の種の生息地及び自生地でありかつ明確に限定された区域で、科学上又は保存上顕著な普遍的価値を有するもの。

・自然地区又は明確に限定された自然の区域で、科学上、保存上若しくは自然の美観上顕著な普遍的価値を有するもの。

・知床(北海道)
・小笠原諸島(東京都)

ほか

世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約

無形文化遺産

・口承による伝統及び表現(無形文化遺産の伝達手段としての言語を含む。)

・芸能

・社会的慣習、儀式及び祭礼行事

・自然及び万物に関する知識及び慣習

・伝統工芸技術

・那智の田楽(和歌山県)
・和食;日本人の伝統的な食文化-正月を例として-

ほか

無形文化遺産の保護に関する条約

世界の記憶

直筆の文書、書籍、ポスター、絵、地図、音楽、写真、映画等

 ・御堂関白記(公益財団法人陽明文庫所有/京都府)
・慶長遣欧使節関係資料(仙台市所有/宮城県)

ほか

条約に基づかないユネスコの事業

クリエイティブ・シティーズ・ネットワーク

都市
(文学、映画、音楽、クラフト&フォークアート、デザイン、メディア芸術、食文化の7分野において、都市間でパートナーシップを結び、相互に経験・知識の共有を図ることを目的とする。)

・金沢市
・札幌市

ほか

 

条約に基づかないユネスコの事業

ジオパーク
※ジオパークはユネスコの正式事業ではありませんが、詳細については右記URLを参照ください。

※日本ジオパークネットワークのホームページにリンク

お問合せ先

国際統括官付

-- 登録:平成26年08月 --