ここからサイトの主なメニューです

公益通報窓口の設置

外部からの公益通報について

文部科学省では、公益通報者保護法の施行に伴い、外部からの公益通報の窓口を設置するとともに、その通報の処理手続について定めました。
公益通報者保護制度に関しては、下記のホームページを御参照ください。

公益通報者保護制度ウェブサイト(※消費者庁のホームページへリンク)

【公益通報窓口】

大臣官房総務課広報室公益通報者保護専門官
電話 03‐5253‐4111(内線2172)  

【通報の対象】

労働者が、その事業者(労務提供先)又は当該労務提供先の事業に従事する場合におけるその役員、従業員、代理人その他の者について、通報の対象となる法令違反が生じ、又はまさに生じようとしている旨を通報する場合です。

   「労務提供先」(労務を提供する事業者)とは?

  1. 事業者において労働契約に基づき働いている一般の労働者(正社員、アルバイト、パートタイマー等)は、その雇用元の事業者
  2. 派遣労働者の場合は、派遣先の事業者
  3. 取引契約に基づいて労務を提供する場合は、取引先の事業者

【通報対象となる文部科学省関係の法律】

文部科学省において受け付ける公益通報は、以下の法律に規定されている罰則に違反する事実が生じている場合や、まさに生じようとしている場合です。

  • 学校教育法
  • 教育職員免許法
  • 文化財保護法
  • 銃砲刀剣類所持等取締法
  • 原子力損害の賠償に関する法律
  • 著作権法
  • 技術士法
  • プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律
  • 著作権等管理事業法
  • ヒトに関するクローン技術等の規制に関する法律
  • 個人情報の保護に関する法律
  • 独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律
  • 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律
  • 就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律
  • 武力紛争の際の文化財の保護に関する法律
  • PTA・青少年教育団体共済法

【処理手続】

文部科学省外部公益通報処理要綱」において、文部科学省における外部通報の窓口と処理手続を定めています。

文部科学省の職員等からの公益通報について

文部科学省では、公益通報者保護法の施行に伴い、文部科学省の職員及び文部科学省との契約先の労働者からの文部科学省による法令違反行為等に関する公益通報の窓口を次のとおり設置しております。

【文部科学省大臣官房人事課へ通報する場合の窓口(内部公益通報窓口)】
  1. 文部科学省の職員
    省内LAN上の公務員倫理ページを御参照ください。
  2. 文部科学省との契約先の労働者
    大臣官房人事課計画調整班服務係に御照会の上、御案内いたします窓口に御連絡ください。
【上記の窓口以外に通報する場合の窓口(内部公益通報外部窓口)】
  1. 文部科学省の職員
    省内LAN上の公務員倫理ページを御参照ください。
  2. 文部科学省との契約先の労働者
    大臣官房人事課計画調整班服務係に御照会の上、御案内いたします窓口に御連絡ください。

【通報者の範囲】

文部科学省の職員、文部科学省に役務の提供を行っている派遣労働者及び文部科学省との請負契約その他の契約に基づいて事業を行う事業者が使用する労働者又は当該事業者に役務の提供を行っている派遣労働者であって当該事業に従事する者。

【通報の対象】

文部科学省(文部科学省の事業に従事する場合における職員、代理人その他の者を含む。)についての法令違反行為(当該法令違反行為が生じるおそれがある場合を含む。)。ただし、個人の職務外の法令違反行為は除く。

【通報する場合の留意事項】

  • 通報は、通報する者が、氏名、所属及び連絡先を明記して行わなければならない。
  • 通報は、通報に係る事実について、行為者の氏名及び行為の事実を明らかにして行わなければならない。
  • 通報は、通報対象事実が確実にあると信じるに足りる相当な根拠を示して行うよう努める。

【匿名の取扱い】

氏名を明記しない場合(匿名通報)であって、通報対象事実があると信じるに足りる相当な根拠を示して行われるものについては、通報に準じて調査の実施及び調査結果に基づく措置を講じる。

お問合せ先

大臣官房総務課広報室(外部からの公益通報について)

公益通報者保護専門官
電話番号:03‐5253‐4111(代表)(内線2172)

大臣官房人事課計画調整班(文部科学省の職員等からの公益通報について)

服務係
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線2115)

-- 登録:平成22年01月 --