ここからサイトの主なメニューです

4.アメリカの大学における工夫

(1) University of Washington(Seattle)(ワシントン州立大学)

  • 学生数:50,745(学部・大学院)
  • 教員数:4,300(フルタイム教員),28,700(パートタイム教員及び職員)

<大学側が示しているシラバスの項目例>
- Course Content → 授業の内容
- Learning Objectives → 学生が修得する知識・技能 等
- Characteristics of Class Meetings → クラスの特長
- Logistics → 教員のコンタクトアワー,質問への対応
- Schedule of Topics and Readings → 講義トピック及び読み物のスケジュール
- Assignments, Projects, and Exams → 課題,試験等
- Inclusiveness → 障がい等のある学生への対応
- Integrity → 学生の倫理
- Responsibility → 教員・学生の双方の責任
- Expectations for Success → 学生への期待

(2) Drexel University(Pennsylvania)(ドレクセル大学)

  • 学生数:23,500
  • 教員数:928(フルタイム教員),962(パートタイム教員)

<大学側が示しているシラバスの項目例>
- Course Prefix and Number:科目識別番号
- Credit Hours:履修単位時間
- Official Course Title:科目の正式名称
- Instructor Name:教員の氏名
- Contact Information (Phone, E-mail, Website):連絡先
- Office Hours, Location, Mailbox:面会可能時間
- Primary Contact Method:主なコンタクト手段
- Other Contacts:その他の連絡先(TA等)
- Required and Recommended Texts, Readings and Resources:必読書,推薦書等
- Required and Supplemental Materials and Technologies:その他の教材
- Course Description:科目の概要
- Course Purpose within a Program of Study:カリキュラム全体からみた科目の目的
- Statement of Expected Learning:期待される学修成果(3~8の測定可能なもの)
- Assessment: Alignment:評価(学修成果に沿ったもの)
- Assessment: Tools and Methods:評価の際の方法
- Drexel Students Learning Priorities:学生が身に付けるべき能力のうち何が身につくか
- Graded Assignments and Learning Activities:評価に係る課題や活動
- Grading Matrix:評価を行う際,どの課題や活動がどれだけ評価されるのか
- Grading Criteria:評価の観点
- Submission Information:課題提出に関する情報
- Instructor Feedback:教員からのフィードバックの時期等
- Course Calendar:科目の予定
- Course Policies:学生に対して期待する学習姿勢等
- Academic Integrity, Plagiarism and Cheating Policy:学生倫理(盗作,不正行為)
- Students with Disability Statement:障がいをもつ学生への対応
- Course Drop Policy:単位を取得できなかったときの対応

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課高等教育政策室

-- 登録:平成23年12月 --