大学改革としてのインターンシップの推進に係る専門人材の育成・配置について:文部科学省
ここからサイトの主なメニューです

大学改革としてのインターンシップの推進に係る専門人材の育成・配置について

―組織的なインターンシップの推進に向けた、専門人材の役割の明確化―

○インターンシップの普及に向けた方策や更なる推進に向けた具体的方策等を検討するため、厚生労働省及び経済産業省と連携し、文部科学省に設置した「インターンシップの推進等に関する調査研究協力者会議」において、平成29年6月に「インターンシップの更なる充実に向けて 議論の取りまとめ」が公表されました。 その中で、インターンシップの量的拡大・質的充実に向けた具体的な推進方策の一つとして、大学等におけるインターンシップに係る専門人材の必要性や育成・配置が盛り込まれました。


○これを受け、平成29年10月に文部科学省に「インターンシップ推進方策実行ワーキンググループ」を設置し(詳細については別紙1を参照)、近年、産業構造や就業構造が急速に変化する中で、大学等におけるキャリア教育・職業教育や専門教育を強化していくため、インターンシップは効果的な教育手法であるという考え方の下、検討を進めてまいりました。

○教育的効果の高いインターンシップの組織的な推進により、各大学等の特色を更に生み出すとともに、今後、一層、大学改革の中心にインターンシップを据えていく動きを促進するべく、今般、大学等におけるインターンシップの推進に係る専門人材に必要と考えられる要素等の整理を行いました。(詳細については別紙2を参照 ※該当箇所は4ページ目~。)


○文部科学省としては、今後、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)が実施する「インターンシップ専門人材セミナー」と連携すること等により、当該専門人材の育成・配置を推進します。


お問合せ先

高等教育局専門教育課 インターンシップ推進係 村上、長

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成30年05月 --